JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

会社でいやがらせを受けました。買ったばかりの車に対し本人がいない場所で ドアを何度も強い力で閉められ精神的な苦痛を

質問者の質問

会社でいやがらせを受けました。買ったばかりの車に対し本人がいない場所で
ドアを何度も強い力で閉められ精神的な苦痛を感じています。法的に訴えることは可能でしょうか?か?宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社での嫌がらせ、ご心痛お察し申し上げます。

法的に訴える事は十分に可能です。パワハラは労働者保護の観点から会社にとって厳しい判決が出されることが多いです。

会社の使用者責任及び上司のパワハラ(嫌がらせ)による精神的苦痛の慰謝料を請求する形になります。

弁護士さんに依頼をして、法廷で闘う事になります。

 

訴訟という形ではなく、もう少し簡便な手段として、ここでは労働審判をお勧めさせていただきたいと思います。

労働審判は地方裁判所に申し立てをして、労働審判官及び労働審判員が労使双方の主張を聞き、調停や審判を行うという制度です。

原則3回以内の審理で調停や審判が行われるため、裁判のように長期化することもありません。また、裁判ではありませんので弁護士など専門家を依頼する必要もありません(もちろん依頼するのも可能です)。

労働審判は当事者には出頭義務がありますので、出頭拒否をすることは認められません。さらに調停や審判を受け入れると、それは裁判の判決と同じ効力を持ちますので、その後会社が約束を違えたりした場合は、強制執行することが可能です。

労働審判で出された調停や審判に、当事者(労働者及び会社)のどちらかが異議申し立てをした時は、通常の訴訟に移行します。

裁判は最後の手段として、まずは労働審判での解決を図られたらいかがでしょうか。和解金の支払い等の労働者よりの調停が行われやすいのも特徴です。

 

ご参考までに、裁判所の労働審判の該当ページのリンクを添付させていただきます。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

雇用・労働 についての関連する質問