JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

初めまして ある、療養型病院で勤務している看護師です。 当直業務関わる質問です。 17:00から9:00までの

解決済みの質問:

初めまして
ある、療養型 病院で勤務している看護師です。
当直業務関わる質問です。
17:00から9:00までの当直業務(実質は16:45~9:15ですが、30分の時間外のみ認められます。)ですが、休憩(仮眠・食事含めて)は2時間と規定されています。
これは、職場によって休憩時間の設定は異なるのでしょうか?
たとえ2時間の休憩とはいえ、完全に休めることはないのですが・・・・

また、時間外業務はなかなか認められません。
そのため、業務終了後にタイムカードを打刻し、残務(病棟業務外の指定された活動の業務)を行っていますが、違法ではないのですか?業務時間内に終えられないのは能力がないのかもしれませんが、病院という特殊な環境のため、理屈道理にならないのが現状です。
また、タイムカード打刻後、残っている職場内で事故に巻き込まれた場合は、保障はあるのでしょうか?

雇用者側としては、あくまでも残業はないようにしていたいみたいです・・・:
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
休憩時間の設定については、法律では8時間を超える場合には60分以上の休憩時間を与えなければならないとされています。また休憩時間は労働者が自由に利用できなければならず、いつ仕事を命じられるかもしれない状態で休んでいる手待ち時間などは、休憩時間と言うことは出来ません。

時間外業務についてですが、タイムカードを打刻した後に仕事をしているようであれば、本来の時間外労働をごまかす不正行為でしかありません。当然ながらこれは違法行為に当たるでしょう。「業務時間内に終えられないのは能力 がないのかもしれませんが」とおっしゃってはいますが、本来、使用者は労働者の労働時間に対する配慮をするのが当然ですし、残業が多いようであれば人員の補充や業務の効率化をするように務めるのが使用者の義務と言えるでしょう。

休憩時間の適正な利用や時間外労働に対する賃金の未払いがあるようであれば、労働基準監督署へ申告することによって病院に指導に入ってもらうことも可能です。

また「タイムカード打刻後、残っている職場内で事故に巻き込まれた場合は、保障はあるのでしょうか?」との事ですが、これは労災に当たりますが業務中であればタイムカードの打刻に関わらず適用されますのでご安心ください。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問