JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jinjiconsulに今すぐ質問する
jinjiconsul
jinjiconsul, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 403
経験:  大学院法学研究科修了・人事コンサルティングオフィス代表
64303214
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jinjiconsulがオンラインで質問受付中

九年働いて退職金なしで今月給料も半分しかもらえませんでしたぁ 会社に借金が160万ぐらいありますがその借金も自家用

質問者の質問

九年働いて退職金なしで今月給料も半分しかもらえませんでしたぁ
会社に借金が160万ぐらいありますがその借金も自家用車を使っており車検とか車の修理です基本会社で営業車がなく自家用車つかっていました。
労働も忙しくなると寝ないで働いた事もあり残業手当も付きません
給料も一年前以上から遅れたりしていて今年結婚するのでやめましたが慰謝料的なぁもの貰えるのでさすか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jinjiconsul 返答済み 5 年 前.

大変な状況の中御相談頂き感謝しております。

 

まず決められた給料を会社が支払わないというのは本当にひどい話です。給料は全額を決められた期日に月1回払うことが労働基準法で会社に義務付けられていますので、事実としますと会社が法令違反を犯していることは明白です、

 

また、貴方に会社からの借金があるとしましても、給料から直接天引きすることはこれも全額払いに反し労働基準法違反になりますので認められません。まずは給料の未払い分をきちんと払ってもらってから、その後で別途請求してもらうよう要求できます。

 

あと残業手当を貰っていないということですが、原則として1日8時間または週40時間を超える労働時間については時間外割増賃金(通常の賃金の1.25倍)、週1回の休日の労働時間については休日割増賃金(通常の賃金の1.35倍)の支給が必要です。加えて、深夜22時から翌朝5時までの労働時間についてはこれと併せてさらに2割5分増の深夜労働割増賃金支給が必要になります。

 

そして、退職金については、会社の就業規則(退職金規程)に記載されている場合支払義務が発生しますので、どう定められているかについて確認しておきましょう。

 

貴方は既に退職していらっしゃるとの事ですが、退職金以外の賃金の請求時効は2年、退職金の請求時効は5年ですので、今年辞められたのでしたらかなりの未払い賃金請求を行う事が出来ます。

 

対応としましては、直接会社に請求しましても応じてくれる可能性は低いように感じますので、所轄の労働基準監督署に賃金不払いの事実を報告し、会社に是正勧告を出してもらうよう調査依頼をされることをお勧めいたします。

雇用・労働 についての関連する質問