JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

勤務時間について 娘がこの4月から勤めた横浜元町のレストランは、朝8時過ぎから夜11時過ぎまで週6日働かされてます

解決済みの質問:

勤務時間について
娘がこの4月から勤めた横浜元町のレストランは、朝8時過ぎから夜11時過ぎまで週6日働かされてますが、この就業時間って違法ではないのですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
就業時間については労働基準法によって定められています。休憩時間を除いて原則として1日8時 間を法定労働時間として定めています。

そのため1日8時間を超えるようであれば使用者と労働者代表において労使協定を締結した上で労働基準監督署へ届け出なければなりません。

労使協定が労働基準監督署へ届け出されており、就業規則などで残業があることが記載されていれば、その範囲内で残業をさせることは可能となります。

また残業代については労使協定とは別の話となり、1日8時間の法定労働時間を超えるようであれば25%の残業代を支払わなければならないとされており、さらに夜10時以降翌朝5時までは50%の残業代を支払わなければならないとされています。

そのため36協定の届け出を確認することと残業代がきちんと支払われているかどうかを確認をされたらよろしいでしょう。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問