JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

営業職の34歳女性です。育児休業から復職後、給与を減らされました。同じ職種の他の社員よりかなり少ない給与となりました

解決済みの質問:

営業職の34歳女性です。育児休業から復職後、給与を減らされました。同じ職種の他の社員よりかなり少ない給与となりました。会社側の言い分は子どもができたことで、残業ができず以前より早く帰宅しているからとのことです。以前も現在も特に残業手当はありません。このような言い分は認められるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

育児介護休業法第10条より、事業主は育児休業をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならないと定められています。

残業ができないことを理由に給与を減額するのは会社の不法行為に該当するでしょう。

そもそも、同法第16条により、3歳に満たない子を養育する労働者に対して時間外労働の制限が設けられています。

(従業員100人以下の会社は平成24年7月1日~)

もちろん、法定労働時間を超える労働に対して残業手当の不支給があれば労働基準法違反となります。

 

単なる会社の無知によるものであれば、上記のような法令違反を引き合いに出し、改善を求めればよいのですが、分かっていてやっているなどの悪質な場合や、改善を求めても相手にしてくれないのであれば、各都道府県労働局内にある雇用均等室で相談ができます。

電話でも相談可能となっておりますので、ご検討されてみるとよいでしょう。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/roudoukyoku/

 

残業手当の不払いは労働基準法違反として会社の住所地を管轄する労働基準監督署に申告することにより、会社に指導・是正勧告がなされます。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

回答をご覧いただき、ありがとうございます。

専門家としてご提示された金額、ご質問内容から判断できる範囲で十分な回答を心掛けておりますが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたでしょうか?

ありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問