JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして。 以下、ご相談と最善の対処をご教示戴きたくお願い申し上げます。 6/21に退職勧告を受け、明日

解決済みの質問:

はじめまして。
以下、ご相談と最善の対処をご教示戴きたくお願い申し上げます。

6/21に退職勧告を受け、明日(6/25)回答を迫られている状況です。
私としては、年齢的にも転職は困難と思い、何とか退職を免れたいと考えております。

これ迄の経緯
①前職の企業が経営不振により退職後、約9ヶ月の求職活動の末、2012/ 1/6に現在の会社
 (非上場 従業員35名)に入社。
 役職は営業統括部長で、給与条件は¥53.5万円(手当込) 賞与3ヶ月/年。

②2012/5/30 営業統括部長解任の通告を受け、6/1付にて事実上営業担当者と同等役職の
 部長代理に降格され、給与は¥43万円(手当込)に減額される。 職務内容は営業統括部長 解任→営業担当職を命ぜられる。 降格理由は「期待外だった」との事。
 業務上はミスなどは無く、明確な理由も示されず、不本意ではあったが受諾した。
 
③2012/6/21 「この会社には合わないと思われる」との具体性のない理由で、退職勧告を
 受け、6/25の回答を求められている。

6/1から装置・部品知識の勉強など(パワハラも感じつつ自習+α)を行い、これから顧客への営業活動をスタートさせようかという段階で、明確な理由もないままの退職勧告で憤りを隠せない状況です。

是非ともアドバイスの程、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社からの一方的な退職勧奨、ご心痛お察し申し上げます。

 

ご相談者様のご意向として、退職は免れたいとの事ですので、退職勧奨には絶対に応じないでください。つまり退職願の提出を強要されても応じてはなりません。退職勧奨に応じないことを理由として解雇されたら「不当解雇」です。

応じないことでパワハラ(嫌がらせや無視、仕事を与えない等)を受けるようであれば、労働基準監督署への申告を行い、会社に立入検査をさせ労働局長から指導や勧告を出してもらい、不当解雇の撤回や、パワハラを止めてもらいましょう。

 

労働基準法104条第2項で、

「使用者は、(労働基準監督署に)申告したことを理由として、労働者に対し解雇その他不利益な取扱いをしてはならない」

と定められております。

違反した場合6か月以下の懲役または30万円以下の罰金、とされています。

 

会社と直接交渉しても解決が図れない場合は、労働基準監督署のような公的機関の介入に頼るほかありません。

 

退職を拒否する方針であれば、明日の回答では「退職しない」旨、はっきりと会社側に伝えましょう。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問