JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

XXXの正社員ですが、7月よりの同社子会社である派遣会社(4/1)創立に出向命令が出

質問者の質問

正社員ですが、7月より同社子会社である派遣会社(4/1)創立に出向命令が出されます。その派遣会社からグループ会社以外の会社に出向させられるのですが、その出向先を決める期間が定められており1年間は給料満額保障 2年目は給料半額 3年目に突入した時点で自己都合で会社を辞めてくれと言われました。今、非常に悩んでますがこの件は、どう解釈すればよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社の説明が不明瞭であるため大変ご心配かと存じます。

詳細は会社に確認しなければなりませんが、ご相談内容から推測したうえで回答させていただきたいと思います。

出向には2つのケースがあります。

①在籍型出向(出向元と出向先の2社と労働契約関係にある)

②移籍型出向(いわゆる完全移籍。出向先だけとの労働契約関係)

 

今回の会社の言っていることは恐らく

出向2年目までは在籍型出向(だから給与保障あり)、3年目からは移籍型出向(出向先との労働契約だから、出向先会社の給与規定で働く)という事だと思われます。

在籍型出向の場合は出向元(今の会社)とも労働契約があるため、出向先の給与が今より下がる場合は差額の分は1年目は差額全額、2年目は今の給料の半分までは保障する、と会社は言っているわけです。

 

例を挙げてみます。

【前提】今の会社の給与 50万円  出向先の給与20万円

(出向1年目の給与)出向先20万円 +今の会社30万円 =50万円

(出向2年目の給与)出向先20万円 +今の会社25万円 =45万円

(出向3年目以降)  出向先20万円 +今の会社0     =20万円

 

※あくまでも例です。金額は会社にご確認いただかないとわかりません。出向先でも昇給もあるでしょうから、上記の計算は一例としてご参考にして下さい。

このような形で3年後には完全に今の会社から離れてもらう、というのが今回の会社の出向命令の内容かと思われます。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

回答をご覧いただきまして、ありがとうございます。

専門家としてご質問に全て回答させていただきました。ご承諾をいただけていないようですが、説明不足やご不明な点がありましたでしょうか?

ございましたら何なりとご返信いただけたらと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

※返信機能は回答に対するご質問のみに使用され、新たなご相談(追加のご相談)は新たにご投稿いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

雇用・労働 についての関連する質問