JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

夫の仕事時間について。朝は横浜から東京へ通うので、7時半に家を出ます。これは仕方ないことですが、夜が23時になってか

解決済みの質問:

夫の仕事時間について。朝は横浜から東京へ通うので、7時半に家を出ます。これは仕方ないことですが、夜が23時になってから帰るメールが届きます。雇用規定には土曜、日曜は休みとするとありますが、土曜日は当たり前のように出勤します。祝祭日も関係ありません。残業代も線引きされているらしく、体を壊しそうに働いているのに、少ないです。訴える方法はないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

長時間労働でご主人様の体調が非常にご心配なお気持ちお察しします。

 

労働時間に関しては労働基準法第32条に1日、1週間などの一定の期間に労働者を働かせることができる上限の時間(1日8時間以内、1週間40時間以内)が定められています。

これを法定労働時間と言い、この法定労働時間を超えた労働に対しては割増賃金の支払いが必要となります。

 

休日に関しては、労働基準法第35条に毎週少なくとも1日、もしくは4週を通じ4日以上の休日を与えなければいけないことになっています。

雇用規定の休日(所定休日)が土曜、日曜になっていても週一日休みがあれば労働基準法第35条違反にはならず、休日手当の支払いも必要はないのですが、土曜日出勤したことによって、結果的に週の法定労働時間を超えれば割増賃金の支払いが必要です。

 

ご質問文から残業代の支払いについて詳しいことは不明ですが、残業代が線引きされているというのは固定残業代のことだと思います。

固定残業代とはあらかじめ、残業代を給与に含めておくことですが、固定残業代が認められるのはその残業代が何時間分に該当するか明確に就業規則、労働契約書に定めておく必要があり、実際の労働時間がその時間を超える場合には差額分を支払う必要があります。

 

このような労働基準法違反に関しては労働基準監督署に「申告」することによって、会社に指導・是正勧告がなされます。

賃金の請求権の時効は2年間ですので、支払われなかった残業代を2年前までに遡って請求することも可能です。

 

とはいえ、ご主人様の今後の勤務継続を考えると労働基準監督署に申告をすることも躊躇われることと思います。

現実問題として、労基署に申告をすることによって、問題は解決しても結果的に会社に居づらくなり、勤務継続が困難になることもあります。

そのようなことを懸念されるのであれば、申告を匿名で行ったり、労基署が会社に調査に入る際に定期監督という名目で調査に入ってもらうようお願いすることも可能です。

誰かが労基署に申告したことによって会社に調査に入るのを申告監督というのに対し、行政の年度計画に従って、労基署が任意に調査対象を選択し、法令全般に渡って調査をすることを定期監督といいます。

たまたまご主人様の会社が選ばれて調査に入っているということにしてもらうということです。

その他、下記URLからメールで情報を送ることもできます。

これは申告とは異なるので、実際に労基署が行動を起こしてくれるかは分かりませんが。

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問