JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。裁判所事務官・地方公務員上級等合格。
62133260
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

残業代の未払い(サービス残業)が1日3時間以上というのが2年以上続いています。このような状態での業務上の失敗(誤発注

質問者の質問

残業代の未払い(サービス残業)が1日3時間以上というのが2年以上続いています。このような状態での業務上の失敗(誤発注、書類の紛失、業務の遅延)の責任はどの程度問われるものなでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。この度は大変な局面に遭遇されまして、心中お察し申し上げます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

残業代の未払いについては、法律上の権利を主張して下さいませ。権利を主張しても聞き入れられない場合は、労働基準監督署に通報して下さい。さらには、労働局へのあっせん、裁判所への審判など、色々方法はあります。

 

お気持ちはわかりますが、業務上の過失は、残念ながら、残業代とは別の問題になります。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

補足します。

 

労働基準監督署にご予約のうえ、直接出向いてご相談なさってみてみて下さいませ。 労働基準監督署を通じて労働局へのあっせんの申立て、裁判所への労働審判の申立て等の制度がありますが。その辺も含めて、監督署の相談員に直接ご相談なさるのがよろしいかと存じます。

 

就業規則の内容を確認する必要もあります。就業規則は配布義務まではありませんが、見たり、必要なことろをメモを取ることは出来ます。 会社が従わない場合は、労働基準監督署に「申告」して下さい。監督署からの是正勧告の対象になると思います。

 

監督署経由で労働局に「あっせん」の申立てをする場合ですが、まずは内容証明郵便で権利の主張をすることになります。使用者側が応じない場合が、あっせんの対象になります。

 

裁判所への「労働審判」をいきなり申立ても良いのですが、通常はあっせんからの順になります。これらの行為はご自身でなさる方もいますが、それぞれの専門家に依頼する方もいます。内容証明は弁護士や行政書士、あっせんは弁護士または社労士、労働審判は弁護士の先生のなかで、それらの業務を専門業務の1つになさっている方々です。

 

以上が一般的な説明になりますが、今後も在職を希望なさる場合は、せいぜい「あっせん」の申立てぐらいまでがMAXで、労働審判までやってしまうと在職を続けにくくなると思います。

 

辞めても良いとお考えでしたら、労働審判までいっても問題ないと思います。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
ご質問頂きました内容に回答させて頂きました。回答をご理解頂けましたら承諾をお願い致します。新たにご質問がある場合は、承諾後にお願い致します。
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
貴方が価格を提示して回答を募集した質問に、法律家としての意見を回答致しました。次は貴方にに法律上の義務を果たすべき責任があります。

 

回答の意味が分からない場合は解説します。回答を踏まえて質問なさる場合は「承諾」した後に新規で投稿願います。価格を提示して質問した以上は責任を持って、ご対応をお願いします


専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
ご質問頂きました内容に回答させて頂きました。回答をご理解頂けましたら【承諾】をお願い致します。新たにご質問がある場合は、【承諾】後にお願い致します。

雇用・労働 についての関連する質問