JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

どのように対処すれば一番良いかをお教えいただけると助かります。 お忙しいところお手数お掛け致しますが、よろしくお願

解決済みの質問:

どのように対処すれば 一番良いかをお教えいただけると助かります。
お忙しいところお手数お掛け致しますが、よろしくお願い致します。

退職に際し、年休消化を願い出たのですが、上司と揉めております。

私事ですが、この7月に結婚を機に退職する予定としております。
先月、父の急逝もあってか、母の体調も芳しくなくなり,予定よりも時期を引き上げての退職を決意いたしました。
そしてその旨を昨日面談時に申し上げました。
因みに結婚に因る退社については4月にはお話して申し上げております。

年休消化について上司は「規定うんぬんよりも、年休消化をする考え方を先ず考え直すべきだ」とのこと。
もともとのお考えがそこにあるのでしょう。
先期は、年休休暇と生理休暇を活用していた私に、それが為に評価を下げると。
そのように評価のフィードバックを受けました。
自身は婦人科を患っており、この1、2年は生理休暇が必須です。規定の範囲内で休暇を取っているので、こちらも本来不本意ではあります。

さて、父亡き後の片づけや、母の病院への付き添い(要介護認定というほどのものでもないため、年休使用が好ましい)や、結婚生活(大阪になります)に関連しての準備や纏わる往復など、また上に挙げた婦人科通院の為に保険証や費用を確保する必要もあります。

年休消化をし、速やかなる退社を行いたいのですが、
「社会人のプライドとして、年休使用する事がどのような事なのかを考えるべき」として、頑として話が前に進みません。
そしてまた本日「年休消化をすると円満退社ではくなる。今後どこでまた一緒に仕事をするか分からないから」「規定をよく読んで考えるように」と話してきました。
「評価面談でコミットしてもらった分、9末までのコミットメントを満たしていない事になる」等、評価を下げる旨も告げられました。
それらはその課長だけでなく係長、部長の御意向もそのようであるようです。

また規定についてですが、依願退職についてはおそらく一般的な事柄「退職日の2週間前までに、部長経由で会社に知らせる事」「許可が下りるまでは従前の業務を行う事」の記載のみです。
なお現在の業務は、ひっ迫した業務は担当しておらず、ゆとりがございます。
人事部やコンプライアンス室にもメールを致しましたが、返信がこの1日では来ておりません。

労働基準署へ先ず相談に行くべきか、否か。
弁護士の先生に相談しておくべきか。時間との勝負ですし、知識がないので判断にあぐねております。

駄文をここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。
どのように対処すれば一番良いかをお教えいただけると助かります。
お忙しいところお手数お掛け致しますが、よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社からの不誠実な対応、ご心痛お察し申し上げます。

会社の違法性を以下に列挙させていただきます。

①自由に有給休暇を取得させない(労働基準法39条違反)

②有給休暇を利用したことによる不利益取り扱い(労働基準法附則136条違反)

③「円満退社ではなくなる」等の発言(パワハラ)

です。

ご相談者様の意向として、有給休暇を消化して退社、のようですので、その通りの行動で構いません。退職届と有給休暇申請ですが、いい加減な会社のようですので、「受け取っていない」「知らない」「聞いていない」と言い出しかねないですので、弁護士の先生に内容証明で退職届と有給休暇申請を作成してもらい郵送するのが確実です(会社がとぼけるのを防止するため)

 

労基署へ申告しておくのも大事です。

「使用者は、申告したことを理由として、労働者に対して解雇その他の不利益な取扱をしてはならない」(労働基準法104条)

とされておりますので、退職日までの会社の暴走の歯止めになると思います。

 

①退職届・有給休暇申請の内容証明での発送

②労基署への申告(有給休暇とパワハラ発言の件)

この2点を実行されればよろしいかと存じます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問