JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

製造工場にて、嘱託社員として1年毎の更新にて、ボール盤による穴開け作業や、タッピング作業を主に、働いている45歳の男

解決済みの質問:

製造工場にて、嘱託社員として1年毎の更新にて、ボール盤による穴開け作業や、タッピング作業を主に、働いている45歳の男性です。
毎週毎に、出される製造オーダー予定に従い、製造図面を元に穴開けや、ネジ切り作業をします。

現在、この作業を担当しているのは、私1人。正直、オーダーに出されている納期に間に合わせる為には 、複数の作業を同時に行う(多工程作業)を、しなければ間に合わない程の予定です。

この数ヶ月間、なんとか、不良品も出さず、作業をしてきましたが、来月、他のセクションの正社員が退職する事により、現在、私の上役となっている社員が、そのセクションへ移り、正直、不安要素の多い社員が、私のセクションへ来ます。

体調的にも、限界な処で、頑張ってきましたが、負荷の多い製造オーダーと、欠勤の多い社員とのこれからの作業を考えると、張り詰めていた糸が切れた様に、体調不調が出て来ました。

人員の補充が叶う見込みは薄いと思われるのですが、退職も考えています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
おひとりで納期に間に合わせるため複数の作業をこなしながら、なんとか仕事をされているにもかかわわらず、会社はそのことを重視せずに人員補充をしてもらえない状況というのはとても大変な状況であるようにご相談内容から伝わってきます。

会社があなたや他の社員の主張にも耳を貸さずに、人員計画の改善も見受けられないようであれば選択肢としては2つしかないように思われます 。

ひとつは、労働組合に加入して集団で待遇改善を求めていく方法です。会社内に労働組合があればいいのですが、会社内に無いようであれば個人単位でも加入できる地域ユニオンがあります。いくらおひとりで訴えても残念ながら会社からは、その声も黙殺される場合がありますから、やはり集団の声として会社と交渉する方が効果的でしょう。

そしてもうひとつは、あなたがお考えのように退職をすることでしょう。個人の犠牲のうえに成り立っている会社というのは、理想的な会社とは程遠く表現に問題があるかも知れませんが、たかが仕事のために自分の身体を壊すことはばかげた話です。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問