JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

派遣社員に部長職等責任と権限を委譲することは法律上問題無いのでしょうか。 また問題無い場合はどのような契約を派遣会

解決済みの質問:

派遣社員に部長職等責任と権限を委譲することは法律上問題無いのでしょうか。
また問題無い場合はどのような契約を派遣会社とする必要が有るのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

派遣社員に派遣先企業の「部長職」を任命することに関しては、法律上の問題は特にありません。

派遣先企業の部長という役職がどれほどの権限を有するかにもよりますが、気をつけたいことは「管理監督者」としての取扱いです。

管理監督者は残業や休日出勤に対して、時間外手当が支給されません。(ただし「名ばかり管理職」は異なります)

管理監督者である事は、①部下がいる②時間外手当が支給されなくてもいいくらいの役職手当がある、等です。

ご相談者様として派遣会社ときちんと確認しておきたいことは、もし管理監督者である場合には、賃金の支払いをどのようにするかを書面ではっきりさせておくことです。ご相談者様に賃金を支払うのは派遣会社ですので、派遣会社がきちんとご相談者様に役職手当も含めて支払いをする旨を確認しておきましょう。

役職手当では割に合わない残業・休日出勤があってはつまらないですので、1か月あたりの残業がおおむねどれくらいかを派遣先及び派遣元で確認させ、ご相談者様に書面で明示させるようにして下さい。

それで不満が残るような内容であれば、お断りすることも考慮した方がよろしいでしょう。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問