JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

はじめてこの場で相談させて頂きます。宜しくお願いいたします。当方37歳(男)です。 私は5月よりとある株式会社に常

解決済みの質問:

はじめてこの場で相談させて頂きます。宜しくお願いいたします。当方37歳(男)です。
私は5月よりとある株式会社に常用雇用(正社員)として勤務しております。
その際、基本給18万・通勤交通費全額支給 ・職務手当3万(固定)・夜勤手当6万(夜勤シフトで勤務しています)・時間外割増、深夜割増、休日割増は労基法に準ずる。また、休日は日祝祭日・隔週休2日という契約を交わしました。先月より月~土の夜勤に入っています。(隔週で平日に一日休む形です)
15日締め28日払いなので、先月27日に明細を渡されましたが、出勤日数14日に対する給与として、
基本給9万・職務手当2万・休出手当3万・通勤手当が記されていました。
契約書通りの夜勤手当を要求する事はできますか?
また、土曜夜~日曜午前まで勤務している事に対し、翌月曜の代休を要求する事はできませんか?
以上二点、宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
ご相談ありがとうございます。
労働契約の締結に際しては、労使にお いて個別に合意のもとに成立します。
また労働契約の締結に際して、使用者は賃金・労働時間その他の労働条件を明示する義務があり、賃金に関する事項については書面による明示が義務付けられています。

そして当初の労働条件として夜勤手当の支給として労使で合意をしているのであれば、当然ならがその分支給しなければ賃金の未払いとなるでしょう。

次に代休の件ですが、こちらもやはり労働契約として労使の合意のもとに成立します。そのため、会社に対し請求することは可能でしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。
それでは、
先程、月曜~土曜の夜勤シフトと申し上げましたが、
月曜の代休に加えて、契約書にある隔週休を取る事が出来るという事でしょうか?加えてこちらもご検討下さい。
また、今回ご回答頂きました件を会社に請求し、断られた場合には如何すれば宜しいのでしょうか?
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
夜勤手当の支払いを拒まれた場合には、賃金の未払いに当たるので、労働基準監督署へ申告をすればよろしいでしょう。

一方代休の件については、当初契約された内容「休日は日祝祭日・隔週休2日という契約を交わしました。」とありますから原則としてこちらの内容となるでしょう。但し会社と交渉次第で休日を変更することは可能でしょう。但しこちらに関しては、会社に断わられた場合には変更は難しいでしょう。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
明快な回答ありがとうございます。回答頂いた件について早速社長に連絡しましたが、基本的に社からの電話に出ない事が多い方ですので、メールにて連絡、請求を致しました。もしも明瞭な回答が得られない場合には如何したら宜しいですか?何度も申し訳ありません。宜しくお願い致します。
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
夜勤手当の件であれば、期限を区切ることです。
いついつまでに回答が無いようであれば、労働基準監督署へ相談に行きますとされたらよろしいでしょう。

雇用・労働 についての関連する質問