JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

1.うつ状態で診断書をとりました。診断的には約1ヶ月程度の静養と書かれていたと思いますが会社の社長とは仕事をしながら

解決済みの質問:

1.うつ状態で診断書をとりました。診断的には約1ヶ月程度の静養と書かれていたと思いますが会社の社長とは仕事をしながらの治療可能と話しておりました。先日書面にて無給にての休職通知が届きました。会社には平成18年8月1日入社しており、 有給休暇が繰越を含め34~36日存在すると思われますので有給休暇の申請を書面にていたしました。うつ状態は以前より仕事上の問題よりおきておりました。社長も精神科への通院は承知しておりました。診断書は会社側からの要求で提出したものです。病気療養申請も当方からはしておりませんが、先日突然無給の1ヶ月の休職指示を書面にて送付されました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。
確認をさせて頂きたいのですが、ご質問の趣旨は療養期間を有給休暇の取得を希望されていたのに、会社から一方的に休職するよう通知が届いたということでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

違います、休職なしで治療の打ち合わせでしたが、診断書を提出したところ無給の休職を指示して来たので、争うのは嫌なのでこちらから有給休暇の申請を行いました。

手続き的に間違っているのでしょうか?また、会社側は有給申請を受理する義務があると思われますが正しいでしょうか?以上が趣旨です。

専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。
それでは早速ですが、回答させていただきます。

会社が休職命令をすることができるかどうかについては、就業規則等で「会社が労働者の心身の状況により勤務が不適当と認めたときには休職を命じることができる」等の規定を定めている必要があります。

つまり医 者の診断も含めて、総合的に考慮した上で休職を命じることに合理的理由があるのであれば、就業規則の規定を根拠として休職を命じることが可能でしょう。

ただし就業規則に規定が無い場合には、あなたの主張されるように有給休暇の取得を優先させるべきでしょう。理由としては、有給休暇は本来取得する理由を必要とせずに、労働者からの申出があった場合にその権利が発生するためです。

この場合、会社としては事業の正常な運営を妨げる場合のみその取得時期を変更することができるとされています。つまり今回のケースについては、相応の理由がない限り有給休暇の取得を妨げることはできません。

質問者: 返答済み 5 年 前.
我が社では、一流企業のような就業規則はなく転職する際にも見せられても承諾しても居りませんので有給取得の請求は恐らく正当と考えてよいのではないかと理解して宜しいでしょうか?
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
就業規則の効果については、労働者に周知されてはじめてその効力を有するとされています。そのため周知されていない就業規則の効果は認められないでしょう。

また有給休暇の請求については、先ほども申し上げた通り、取得理由を使用者が求めることはできません。病気である場合は当然ながら、例え旅行等の理由であってもその理由を伝える必要なく、請求することによってその権利が発生するものです。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問