JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

某外資系の生命保険会社と生命保険募集代理店 委託契約で代理店契約をするのに、連帯保証人を2名の実印と署名と私を含めて

解決済みの質問:

某外資系の生命保険会社と生命保険募集代理店 委託契約で代理店契約をするのに、連帯保証人を2名の実印と署名と私を含めて3名の印鑑証明を契約書に記載、押印の提出を求められています。
代理店の契約を生活 費を早く稼ぐため急ぎました。母親と弟(既婚、妻子あり)にお願いをしましたが、何だか心配です。損害賠償になった時に連帯をして債務を負うとあります。
連帯保証人を紹介してくれる会社に依頼して、慌てずに代理店の契約を締結をしたほうが安全でしょうか?
弟の家族に万が一でも迷惑はかけられません。
専門家のご意見を賜りたいと思います。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

連帯保証人ですから、債務者が損害賠償を負う事態になった場合は支払いの責任が生じます。「弟の家族に万が一でも迷惑はかけられない」という事であれば、他の保証人さんを探すことになろうかと存じます。

連帯保証人を紹介してくれる会社からの紹介の保証人で、代理店契約が可能かどうかを確認した方がよろしいかと存じます。保険会社も、親族でなければならない、というような保証人の条件があるかもしれません。

ご相談者様が賠償責任を負うような行為がなければ、連帯保証人に迷惑はかからないわけですので、ご相談者様のお考え次第かと存じます。

連帯保証人を紹介してくれる会社もあるようですが、後々トラブルにならないようにその会社を事前によく調べてから利用するよう注意が必要です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

弟は、仮に保険契約をお客様から頂き、その後に保険金の支払いで契約者と保険会社が裁判になった場合に代理店契約の私に対して損害賠償の請求の可能性あれば連帯保証人に債務を負いますか?

または、ありえませんが某保険会社が倒産した場合には代理店である私に契約者が損害賠償をおこし、その債務に対しての連帯保証債務を負うのかを心配しています。

ご回答にありましたことは、弟や両親に話していますがこのような契約書は初めてでとても心配しています。

質問者: 返答済み 5 年 前.

弟は、仮に保険契約をお客様から頂き、その後に保険金の支払いで契約者と保険会社が裁判になった場合に代理店契約の私に対して損害賠償の請求の可能性あれば連帯保証人に債務を負いますか?

または、ありえませんが某保険会社が倒産した場合には代理店である私に契約者が損害賠償をおこし、その債務に対しての連帯保証債務を負うのかを心配しています。

ご回答にありましたことは、弟や両親に話していますがこのような契約書は初めてでとても心配しています。

質問者: 返答済み 5 年 前.

弟は、仮に保険契約をお客様から頂き、その後に保険金の支払いで契約者と保険会社が裁判になった場合に代理店契約の私に対して損害賠償の請求の可能性あれば連帯保証人に債務を負いますか?

または、ありえませんが某保険会社が倒産した場合には代理店である私に契約者が損害賠償をおこし、その債務に対しての連帯保証債務を負うのかを心配しています。

ご回答にありましたことは、弟や両親に話していますがこのような契約書は初めてでとても心配しています。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

私も生保・損保の販売募集人資格を有している者ですが、ご相談者様や弟様が心配されております①保険金の支払いに関して生保会社と契約者が裁判になった場合②生保会社が倒産した場合に代理店に損害賠償を起こしてくるか、ですが、代理店であるご相談者様が販売に際して重要事項の説明やしおり・約款の交付といった当たり前のことをきちんと行っていれば、代理店が賠償の対象になることはありません。それは生保会社と契約者との問題です。

代理店(ご相談者様)が、ルールに則った商品販売をしている限り、損害賠償の対象にはならず、当然その保証人の責任が生じることもございません。

保険会社が倒産して保険金カットという事態は、保険会社の責任であり、代理店はそこまでの責任を負う義務は全くありません。契約者が訴える相手は生保会社です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問