JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

年俸制の会社に努めています 勤続年数は17年です 昨今の事情から業績が落ち込み昨年から給料が下がっています 今

解決済みの質問:

年俸制の会社に努めています
勤続年数は17年です
昨今の事情から業績が落ち込み昨年から給料が下がっています
今年は年間¥840,000のカットと言われました
年間で下げられる金額に決まりはないのでしょうか?
前年の給料の何パーセントまで下げられるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

労働契約法3条では、

「労働契約は、労働者及び使用者が対等の立場における合意に基づいて締結し、又は変更すべきものとする。」

さらに労働契約法8条で、

「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。」

と定められております。

年俸制だからといって、一方的に減給するすることは認められません。

減給できるのは

①労働者と合意したとき

②業績の著しい悪化等、やむを得ない事由が存在するとき

です。

就業規則違反等での制裁としての減給幅にはカット幅の上限がありますが、そうではない今回のようなケース(①や②)では、特にその上限の決まりはありません。(労働者の生活を脅かす減給は認められない、とされていますが、上限の設定はないのです)

②のケースが特に労働者としては、「本当にそんなに会社の財務内容が悪化しているのか?減給したいだけではないのか?」と疑問を持たれる箇所だと思われます。

これに関して不明、疑問がある場合は労働基準監督署に妥当な減給か否かを判断してもらう必要があります。

労働基準監督署内の、総合労働相談コーナーに相談して下さい。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問