JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

もう一つ教えて下さい。5年くらい以前から、「会社の経営が苦しい」という理由から、「調整費」という名目で給料から数%の

解決済みの質問:

もう一つ教えて下さい。5年くらい以前から、「会社の経営が苦しい」という理由から、「調整費」という名目で給料から数%の天引きが行われているのですが、もちろんこの「天引き」の労使協定はありません。

①この場合、天引きされている給与の一部を会社に支払うよう請求することは出来るのでしょうか?

②またこうした名目でも、労使協定があれば天引きは出来るものなのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、ありがとうございます。

①ご相談者様がおっしゃる通り、天引きには労使協定が必要です。労使協定もないのに天引きするのは賃金全額払いの原則に反する、労働基準法24条違反です。

もちろん違法な天引きですから、会社に対して返還と天引き取りやめを請求することが出来ます。

②老施協定が締結されているからといって、「労働者が控除されることを受忍すべき義務を負うものでもない」とされております。労使協定によって天引きすることが違法ではなくなりますが、労働者として払いたくもない「調整費」を控除されることを認めることとは別問題、ということです。

労使協定が締結されても、労働者として「払いたくない」といえば、天引きしてはいけません。あくまでも労働者の合意があってのことです。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問