JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

私の長男が交通事故で亡くなり、長男が離婚していた為、孫2人と私夫婦に遺族年金が孫の二女の通帳に振り込まれていますが、

解決済みの質問:

私の長男が交通事故で亡くなり、長男が離婚していた為、孫2人と私夫婦に遺族年金が孫の二女の通帳に振り込まれていますが、離婚した嫁が、2月、4月、6月の半年分240300円を振り込んでくれず使い込んでしまって
います、電話しても通話拒否されています、どのようにしたら好いでしょうか、宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

詳細が不明ですので、回答をさせていただく前に、お聞きしてもよろしいでしょうか?

 

①ご相談者様がおっしゃっおられます「遺族年金」とは、労災の「遺族補償年金」の事でしょうか?それとも国民年金や厚生年金の「遺族基礎(厚生)年金」の事でしょうか?

②離婚したお嫁さんには遺族年金の受給資格はないはずなのですが、受取口座はお嫁さんが持っているのですか?そうであれば何か事情があってお嫁さんが管理しているのでしょうか?(お孫さん2人は元お嫁さんが引き取っている、という事でしょうか?)

③ご相談者様ご夫婦は、息子さんのご存命中、息子さんの収入によって生計を維持しておりましたか?

④労働基準監督署でのご相談のやり取りを、覚えていらっしゃる範囲で結構ですのでもう少し詳しく教えていただけますでしょうか?

 

お手数をおかけしまして恐縮でございますが、ご返信いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

  ① 遺族年金とは遺族補償年金の事です。

  ② 嫁が親権の為、孫2人が未成年で二女が18歳に成るまで <平成28年1月 > 通帳

     の管理は嫁が握っている。

  ③ 息子の収入での生計はないです。

  ④ 私の取り分 <偶数日の15日に80100円>は二女の通帳に一括入金しますので

      嫁に80100円を私の通帳に振り込んでもらうようになってます、労働基準監督署

      では直接 私の通帳に振り込むのは出来ないとの事です。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。詳細がわかりました。

ご相談者様とお孫さんでは、お孫さんが優先順位での受給権者ですし、受取は代表者を選任すると決められていますので、お孫さんの通帳に残額まとめて入金になってしまうのが、現状の労災のシステムです。労基署としてもこれを変更して「それぞれに支払する」という対応をする権限がありません。(つまり労基署へ要望しても対応はしてもらえません)

 

今回ご相談のケースは【雇用・労働】にご相談をいただいておりますが、元お嫁さんが払う約束のものを払わないという、債務不履行の問題となります。大変に恐れ入りますが、こちらは【雇用労働】のカテゴリーになっておりますのでこのご質問はこのままご承諾いただき、新たに【法律】カテゴリーに、元お嫁さんへの請求方法や手段のご相談をご投稿いただきたいと存じます。

 

 

※若干、ご相談内容からは話がそれますが、先ほど私がご相談者様に「息子さんの収入による生活維持がありましたか?」とおうかがいしたのは、遺族補償年金を受給できる受給権者としての資格が、妻であるとか子であるとかの前に、大前提として「亡くなった労働者の収入によって生計を維持していたこと」という条件があります。

生計維持とは、息子さんの収入に100%頼って暮らしていた、ではなく共同生活の中でお金を出し合っていた、で充分です。これに該当するかどうかを確認したかったため、おうかがいしました。

さらに遺族補償年金の額の基準となる受給資格者(今回の場合はご相談者様)の条件として、

「受給権者本人(お孫さんのこと)及び受給権者と生計を同じくしている受給資格者(ご相談者様)」と定められております(息子さんがお亡くなりになられた時点での基準です)。つまりお孫さんとご相談者様が生計を同じくしていなければ、労災として支給されている金額の計算にご相談者様は含まれない、とされる可能性もあります。

労災の認定機関である労基署へ深く相談するよりも、弁護士さんに相談して元お嫁さんに約束の額の支払請求をする手段を考えた方がご相談者様にとってよろしいのではないかと思われます(家庭状況を深く把握しておりませんので、推測での記述です。ご了承ください)

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問