JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

とある会社の営業をしています。営業に失敗をして社長に来月お金を返すからといって自分名義で消費者金融で85万円借りまし

解決済みの質問:

とある会社の営業をしています。営業に失敗をして社長に来月お金を返すからといって自分名義で消費者金融で85万円借りました。 しかし、半年経ってもお金を返してもらってません。最近、また営業に失敗をして会社に損をさせてしまい、社長から半分損失を払えと言われています。その金額は300万円です。給料は月に15万円でボーナスはないです。自主退社をすすめられ現在はアルバイトとしてその会社に引き継ぎのため通っています。社長に誠意を見せろといわれています。半年ぐらい前に買った車を売って金を作る方法もあるといわれます。ほかにも会社に損をさせたので借金があります。これは私の弟の話なのですが、本人に何を言っても聞く耳をもたず、社長に誠意を見せないと・・・といって車を売る気でいます。それだけでは足りないので他からまた借金しそうな雰囲気です。どうしたらいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

まず、会社に対してお金を支払わないことです。

確かに労働者が労働契約に基づく義務や付随義務に違反して使用者に損害を与えた場合は、債務不履行に基づく損害賠償責任を負いますが、裁判所は一般に使用者から労働者に対する損害賠償請求やその金額については一定の制限を設けています。

一概には言えませんが過去の判例によれば労働者が負担する損害は4分の1程度とされています。

特に営業による損失は通常の業務で起こり得ることであり、それにより発生した損害は本来使用者が甘受すべきものです。

そもそも実損額の根拠をしっかりと提示してもらうべきです。

 

また、使用者にはそれを防げなかった使用者責任というものもあります。

 

本人が聞く耳を持たないのであれば、まずは本人を説得することが前提となりますが、それでも車を売ったり、借金をするつもりであれば、その前に貴方が労働基準監督署に相談することも可能です。

ご質問文からでは、その営業の失敗とういうものがどのような経緯で起こり、どの程度のものか不明ですが、労働局、もしくは労働基準監督署内にある、総合労働相談コーナーで相談してみてください。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

国が間に入って話し合いの場を作ってくれるあっせん制度も無料で利用できます。

弟さんと一緒に行って、今後の対応を担当官と相談されるのも良いかもしれません。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問