JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

初めて、相談させていただきます。  私は、現在、老人ホームの管理栄養士をし、給食管理業務や利用者の栄養管理業務

質問者の質問

初めて、相談させていただきます。

 私は、現在、老人ホームの管理栄養士をし、給食管理業務や利用者の栄養管理業務に携わって、施設の給食提供の責任を任されているものです。
 給食業務は、約80人~100人の食事を、朝昼夕と交代で、調理師3人と、パート2人と私1人(うち3人が60歳以上)という人数で、日々の食事を提供しております。

 この人数は、今年の4月から当老人ホーム自身の関連の新しい法人が立ち上がり、4月の段階では、もう一人プラス栄養士がおりましたが、あまりの忙しさと日々の緊張や自分や施設に対しての感情が上手くコントロール出来ず、精神状態不安定となり、現在約一か月、病気の為休暇扱いとなって、この(実質2名不足している)人数です。

 ですが、さすがにこの人数では 1日約3人~3.5人でしか勤務を回せず、1日の勤務内容ではとても不足している状況であり、日々1人1人が時間や気持ちに余裕が持てないくらいの忙しさで、増員希望を上司に依頼しても、上記の栄養士が在籍扱いになっている以上求人はできないとの返答ばかり。ただし、私自身の体調に異変が発生し、いつ倒れてもおかしくはない状況と伝えると、やっとここ数日に求人を出して頂いた状況です。

 私自身、日中は厨房現場、その作業が一段落してから、献立作成や発注などの事務作業や、来客への対応、その他に上司からの依頼や日々の事務作業に追われ、毎日、夜中や朝方まで残業し、時に土日も出勤し、やっと利用者に迷惑をかけることなく食事を提供できている状態。(この状態が約1か月続いている)

 また、日々、上司から、いろんな事を外部に漏らすと守秘義務で訴えると常日頃から言われ、残業をするのは自分の力量不足や、他の職員も頑張っているし、少しずつ皆で負担しているから頑張れと言われながら、どの職員も疲労に耐えながら、我慢している状況です。
 さすがに、精神的に体力的に、また、私自身家族がある身。家族への迷惑や負担も考えると、この状態に対して私自身、厨房を守る責任者としてどのような対応をしたら良いのか日々悩んでいます。

 ただ、厨房の中に働いている職員5名と事務員1人は、私自身大変な立場であることに対して、とても理解し、みんなを置いて辞めることはせず、「助け合って乗り切ろうね!」「もう少しだから」「今、上司の方も人を探して下さっているから乗り切ろうね」と励ましの言葉をお互いに言って毎日を頑張っている状況です。

 今の状況、誰が倒れても、誰がかけても、1人欠けると食事提供することに対して完全に支障が出てしまいます。私の立場として、今、自分自身がうつ症状も出て、身体の状況も保証できなくなってきている今、同じ部署の同僚・部下をどう守ってあげられるのか?また、施設としても求人をしているが、今は、あてもなく、応急処置のように知り合いに一時しのぎに人員を補給するよう動いているのみ。この先不安だらけが目に見えているが、私は施設に対して、上司に対してどう動いたらよいのか?、是非教えて頂けたらありがたいと思います。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

石川県在住  サトウ
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

非常に過酷な労働環境の中で、責任者としての立場で試行錯誤されていることと思います。

幸い、他の職員もお互いに励まし合って毎日頑張られており、やっとのことだと思いますが、施設も重い腰を上げ、求人を出していただけたようですね。

しかし、貴方の体調に変化が生じてから求人を出すなど、施設の対応には問題があると考えられます。

 

使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

栄養士の方が、病気で休職される前から慢性的な人員不足であったと思いますので、その時点でも施設の配慮義務違反があったと考えられます。

実際、栄養士の方も貴方もそのような人員不足が原因で体調不良となられているようなので、施設に対して損害賠償も請求できるような事態です。

このようなことを今一度施設にお話しされ、一刻も早く人員不足が解消できるように、求人広告の数を増やしてもらうなどの対応を求められると良いでしょう。

 

また、上司からの守秘義務で訴えるや、残業をするのは自分の力量不足などの発言はパワハラに該当すると考えられます。

近年の社会情勢からも国はパワハラなどの問題に対しては非常に敏感に反応します。

そのような点からも職場環境の改善を求められるとよいでしょう。

 

夜中や朝方まで残業し、土日も出勤することがあるようですが、その分の手当てはしっかり支払われているのでしょうか?

労働基準法では1日、1週間などの一定の期間に労働者を働かせることができる上限の時間(1日8時間以内、1週間40時間以内)が定められています。

これを法定労働時間と言いますが、法定労働時間を超えた労働に対しては割増賃金の支払いが必要です。

これを怠っている使用者は賃金の不払いとして労働基準法第24条違反です。

 

施設との話し合いで労働環境が改善されることが一番なのですが、これ以上の改善が見込めないようであれば、貴方や他の職員の健康状態の問題もありますので、国に間に入ってもらい早期改善を求める必要もあると思います。

そのような場合は労働局や労働基準監督署内にある、総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われたり、国が話し合いの場を作ってくれるあっせん制度の利用も可能です。

(全て無料で利用できます)

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答をご覧いただき、ありがとうございます。

専門家としてご提示された金額、ご質問内容から判断できる範囲で十分な回答を心掛けておりますが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたでしょうか?

ありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問