JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

24時間2交替の職場において約半年の間夜勤を行っています。 上司が交替を覚えさせる気がないのか?自分ひとりがずっと

解決済みの質問:

24時間2交替の職場において約半年の間夜勤を行っています。
上司が交替を覚えさせる気がないのか?自分ひとりがずっと夜勤をやり続けている状態となっていますが
連夜勤務は労働基準法上適切ですか?
また休日出勤などが重なり週休1日の状態がほとんどであり出勤分の給料の還元はありますが
なにもリフレッシュすることのない休暇しかない状態です。労使協議において休日を決定していますが
協定違反等になることはありませんか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

まず、連夜勤務について労働基準法上に明確な定めはなく、連夜勤務が直接法令に違反するということはありません。

しかし、貴方と会社との労働契約書(労働条件通知書)はどのように記載されているでしょうか?

昼勤と夜勤の割合やそれぞれの労働日数が定められおり、その契約内容と違う勤務形態であるのであれば違法となります。

 

また、使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

連夜勤務が継続している期間、またその労働時間などによっては、このような観点から使用者は連夜勤務の改善をする必要はあるでしょう。

 

次に、休日に関しては、毎週少なくとも1日または4週間に4日の休日を与えなければならないと労働基準法第35条に明確に定めてあります。

これを法定休日いいます。

貴方の職場は週に1日休日が与えられているようですので、労働基準法違反とはなりません。

但し、出勤した分の給料は別に支払う必要があります。

休日出勤分の給料が支払われていないのであれば、賃金の不払いとして労働基準法第24条違反となります。

 

また、労働基準法では1日、1週間などの一定の期間に労働者を働かせることができる上限の時間(1日8時間以内、1週間40時間以内)が定められています。

これを法定労働時間と言い、この時間を超えて労働させるには労使協定を労基署に届け出ていることが必要となります。

仮に届出ていても、法定労働時間を超えた労働に対しては割増賃金の支払いが必要となりますが、貴方にはちゃんと支払われているでしょうか?

 

労働基準法に直接違反していることに関しては労働基準監督署に申告することで、会社に指導・是正勧告がなされます。

連夜勤務などの直接法令に違反しないことに関しては労働基準監督署では判断できませんので、労働局、労基署内にある総合労働相談センターで相談ができます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問