JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

6月5日に所長に呼び出され、異動を言い渡され決定事項であると言われました 書面無し 子供は未就学児童で、近くに住む

質問者の質問

6月5日に所長に呼び出され、異動を言い渡され決定事項であると言われました  書面無し
子供は未就学児童で、近くに住む両親も病気であることを告げ異動は承諾することは出来ません時間をください
と告げると翌日6日、承諾の返事を迫られました せめて一週間、気持ちの整理する時間をいただけないか懇願
したところ返事の期限は11日までと言われる その後、携帯電話にて12日に異動は決定であると一方的に
告げられました サラリーマンは翌日異動するようなことはあることだと言われましたが、この異動は受けないと
いけないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

まず、人事異動(配転)については直接規制する法律はありません。

 

過去の判例からは①勤務場所・職種を特定する合意がなく、②労働協約、就業規則に、業務上の都合により配転を命じることができる旨の規定があり、かつ現に配転を行っている等の実情がある場合には、使用者が労働者の個別的な合意なしに配転を命じる権限があるとされています。

 

しかし、いくら就業規則、労働契約に基づいて使用者に配転命令権が認められたとしても、その権利が濫用と認められれば無効を主張できます。

過去の判例から配転命令権の濫用が認められる特段の事情として①当該配転命令に業務上の必要性が存しない場合、②業務上の必要性がある場合でも、当該転勤命令が他の不当な動機・目的をもってなされたものであるとき、③もしくは労働者に対し通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものであるとき、をあげています。

 

ご質問文を前提にすると、貴方の場合は家庭の事情があり、今回の異動を受けることによる不利益の程度が大きく、配転命令撤回の要求をする余地がありそうです。

参考となる過去の判例として、重病の兄、病弱な妹、高血圧の母の面倒を見、家計を支えている労働者の配転命令は、業務上の必要性との均衡を失くし無効とされました。

(日本電気事件・東京地判昭43.8.31)

 

また、使用者は配転に際して、信義則上一定の手続きをとることが要求され、それを無視して強行された配転命令は権利濫用となります。

具体的には、労働者への内示や意向聴取を行い、配転の内容や必要性を説明するなど、労働者に必要な情報を時間的余裕をおいて十分に提供する必要があります。

(三井造船事件・大阪地決昭57.4.28)

 

上記のようなことを引き合いに出し、再度会社と話し合われると良いのですが、それでも会社が応じてくれないのであれば、第三者(行政)の力を借りるしかないでしょう。

 

そのような場合は、労働基準監督署内にある総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

それでも解決しない場合は、国が話し合いの場を作ってくれるあっせん制度の利用も可能です。

国が間に入ることによって、会社も冷静になり、貴方に対する配転命令を考え直してくれるのではないでしょうか。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答をご覧いただき、ありがとうございます。

専門家としてご提示された金額、ご質問内容から判断できる範囲で十分な回答を心掛けておりますが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたでしょうか?

ありましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

よろしくお願いいたします。

雇用・労働 についての関連する質問