JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

転職で採用の内定をいただいた国際機関(日本国外務省の管轄)に、現在妊娠中であることを伝えると、その2日後に内定が取消

解決済みの質問:

転職で採用の内定をいただいた国際機関(日本国外務省の管轄)に、現在妊娠中であることを伝えると、その2日後に内定が取消との通知がありました。男女雇用機会均等法の第9条に抵触するのではないでしょうか?


人事の方 からは、(産前休暇は不要、すぐにでも職場復帰する旨を伝えましたが)女性は子供が3歳になるまではまともに仕事ができるはずがない、子供が熱がでたらすぐ休むのでしょう?(夫と母親に全面サポートしてもらうと伝えると)子供が大事ではないのか?、と女性に対する偏見・個人的意見としか思えないことを次々と言われました。内定取り消しとなっても当然のことと思ってほしいとも直接言われました。

このまま、了解しました、としか回答するよりすべはないのでしょうか?

金銭で解決したい訳ではなく、人事の方の不適切な発言については、謝罪してほしいと思いますし、雇用主については人事の方の発言について、知るべきだと思います。そもそも日本政府直下の国際機関と聞いて呆れます。管理職のポストだっただけに、女性のエンパワメントを支援すべき事業主に、差別的発言をされたこと自体に屈辱すら覚えます。

どなたかよいアドバイスをください。本日、内定の取り消したあったところで、これから何らの回答を人事にするところです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

ご相談者様がおっしゃるように、男女雇用機会均等法(以下「均等法」とします)9条に抵触する発言です。

また厚生労働省の

「労働者に対する性別を理由とする差別の禁止等に関する規定に定める事項に関し、事業主が適切に対処するための指針」として、

・採用選考において、能力及び資質の有無等を判断する場合に、その方法や基準について男女で異なる取扱いをすること、は男女雇用機会均等法5条違反として禁止しています。

今回のケースでは出産・育児があると「まともな仕事ができない」「子供の用事ですぐ休むんでしょう」と、女性であるがゆえの理由をもって内定取り消しをしているので、均等法5条にも抵触します。

謝罪や和解等、色々な解決の結論はあると思いますが、ご相談者様のおっしゃる「雇用主もこの実態を知るべし」という事であれば、労働基準監督署に今回の事実を「申告」して、事業所に対して立ち入り、そして労働局長による指導・勧告をしてもらうのがよろしいかと存じます。

その中で、ご相談者様への謝罪がなき場合は、労働審判という選択肢になろうかと存じます。労働審判は裁判所へ申し立てを行い、調停・審判により解決を図るものですから、その中で謝罪を求めて和解する、という形になろうかと存じます。

裁判ではありませんので、弁護士さんを依頼する必要もありませんし、審理も原則3回以内で調停や審判が行われますので、長期戦にはなりません。

調停や審判に対して当事者からの異議申し立てがあった場合は、通常の訴訟に移行します。

ご希望である謝罪やトップに実態を認識させる、という目的であるならば、労基署の介入や労働裁判といった公的機関・公的制度によって働きかけるのが、一番効果的だと思います。

まずは謝罪を求め、謝罪拒否の場合は「労基署への申告や、労働審判も視野に入れている」と伝える事です。そこで相手は折れてくるかもしれません。

折れてこなかったら労基署への申告や、労働審判といった手段の行使です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。参考になりました。本日、労働局に電話したものの、内定者が「労働者」として認められるかどうかはわかりかねる(場合による)とのことで、結局、具体的に何をどうしたらいいのか、方向性すらいただけない状況でした。

まだ内定の取消の連絡がきたところなので、まずは謝罪を求める返信メ ールをいたします。ここでの問題は、人事担当者本人のみが連絡先となっているので、本人がどのように所属先の機関に報告している(または報告する)のか、こちらではわからないということです。HPなどで一般的なメールアドレスも公表していますが、この種のメールを送る(またはCCに入れる)と、私の方が非常識な人と疑われてしまうような気がします。かとってこのままでは、生まれてくる子をみるたびに、この子のせいでキャリアを逃した・屈辱的な思いをした、と思うに違いないので、不適切な発言についてまずは謝罪を求めてみます。
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

そうですね。生まれてくるお子様には何の罪もありません。

ご相談者様が納得できる解決が図られますことを、心よりご祈念申し上げます。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

こちらからで申し訳ございません。

私宛にご投稿をいただいたメールは届いたのですが、私が回答できるカテゴリではない所に投稿されておられるようです。(ご相談文がわからない状況です)

申し訳ございませんが、【雇用・労働】のカテゴリにご相談を投稿していただきまして、文の始めに【社労士のsr_hossyへ】と記載していただけますでしょうか?お手数をおかけしまして、申し訳ございません。

それではここは終了させていただきます。

雇用・労働 についての関連する質問