JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

「労働条件通知書」という書類を入社前に受け取り、そこには契約期間として(2月1日から4月30日)と記載されています。

解決済みの質問:

「労働条件通知書」という書類を入社前に受け取り、そこには契約期間として(2月1日から4月30日)と 記載されています。その後の更新の有無については「協議による」としてあり、契約期間の更新は勤務成績、態度、会社の経営状況、従事している業務の進捗状況等により判断するとなっています。
私としては、職務内容が合わないため、6月5日現在の段階で、契約期間の更新をする意思がないのですが、上記の協議が執り行われなかったため、契約期間の切れた状態で、一般の正社員と同じ扱いで勤務し続けています。
ここで、6月6日のうちに退職の意思表示をしたいと考えますが、上記の「労働条件通知書」には自己都合退職の手続きの場合、「1ヶ月以上前に届け出ること」という記載がされています。
私としては6月末日を持って退職したいので、それが認められるか疑問を抱いています。
ただ、一方で通知書の内容が守られず、一方は守るように強要されるのは納得できない思いでもあります。どうかご回答の程、お願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
契約期間として2月1日から4月30日となっていたのが特に協議もなく一般の正社員と同じ扱いで勤務されているとの ことですから、会社の認識としては正社員として期間の定めのない労働契約へと変更されているのだろうと考えられます。

この場合の退職については、民法627条によって特に正当な理由も必要なく原則として2週間前の予告を必要としています。
そのためあなたが退職を希望される6月末日とのことであれば、この要件を満たすことができるため退職することは可能です。

労働条件通知書に1ヶ月以上前に届け出ること記載があるようですが、これはあくまでも会社のルールであって法律を縛るものではありません。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問