JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

退職金の扱いについても労働基準法23条に適用されるのでしょうか?未払いの賃金と一緒に退職金の請求もしていますが。

解決済みの質問:

退職金の扱いについても労働基準法23条に適用されるのでしょうか?未払いの賃金と一緒に退職金の請求もしていますが。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
賃金のトラブルに伴って文章で会社に請求をされているのでしたね。
それに併せて退職金も請求をされているとのことですね。

退職金については、労働基準法に定めがある訳ではないため、労働契約や就業規則に根拠が必要となります。また就業規則などで定めが無い場合であってもこれまでの慣例、個別の 合意など支給金額の算定が可能な程度に取り決めがあるようであれば請求することができるでしょう。

さてご質問にあるこの場合の取り扱いが労働基準法第23条の適用を受けるかどうかですが、就業規則などにおいて支払い時期が定められている場合には、就業規則によることになるでしょう。

一方退職金の支払い時期について特段の定めがない場合には、労働基準法第23条の適用を受け請求があった場合には、7日以内に支払わなければなりません。
takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問