JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

公営企業法一部適用の公立病院に勤務しています。病棟看護師の交代勤務が看護協会の推奨する、夜勤は月8回を超えて、11回

解決済みの質問:

公営企業法一部適用の公立病院に勤務しています。病棟看護師の交代勤務が看護協会の推奨する、夜勤は月8回を超えて、11回が数ヶ月続いています。看護師不足が原因ですが、今後も11回勤務がつづきます。事務局長は、民 間も11~12回夜勤は当たり前だから、頑張れと言います。8回夜勤にむけて、改善する様子は見られません。経営を考えると病床縮小すると、利益が落ちるからだとおもいます。しかし、これ以上看護師に夜勤を11回させることのほうが、リスクだと思います。
労働基準監督所に訴えることも考えています。アドバイスお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

夜勤続きでの激務、心身ともにお疲れの事と存じます。

確かに夜勤の回数に関して、法律で禁止したり罰則を科している条文はございません。その意味では、病院が利益圧迫を恐れ看護士の増員に踏み切らないのも「経営」という観点からは合理的な判断かもしれません。

しかし企業の利益追求で労働者に過度の負荷がかかる事は決して望ましいことではありませんし、ご相談者様がおっしゃる通り、むしろ事故発生リスクが高まり、結局はコスト高、という結果になることはかなりの確率でしょう。

今回のご相談のケースでは、

労働安全衛生法第3条の、

「事業者は・・・・(中略)職場における労働者の安全と健康を確保するようにしなければならない。」

さらに労働安全衛生法第23条の

「事業者は、・・・(中略)労働者の健康、風紀及び生命の保持のための必要な措置を講じなければならない」

同じく労働安全衛生法の65条3項の

「事業者は、労働者の健康に配慮して、労働者の従事する作業を適切に管理するよう努めなければならない」

上記の条文を根拠として、労働基準監督署に「申告」をして、病院への立ち入り⇒労働局長からの指導・勧告をしてもらう、という流れになろうかと存じます。

現在の就業実態を労基署担当官に詳細に訴えて「申告」して下さい。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問