JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

初めて質問致します。宜しくお願い致します。 主人は勤務先(財団法人)の団体職員になっているのですが、そちらの団

解決済みの質問:

初めて質問致します。宜しくお願い致します。

主人は勤務先(財団法人)の団体職員になっているのですが、そちらの団体が別個に経営している中古車販売の仕事(主に整備・資格は持っていません)も断れず働いています。
そのため、勤務時間は団体(AM10:00~PM10:00途中お昼休憩等ありますが常に団体代表と一緒で休まらない、車検や整備もこの間に行う)、車屋(PM10:00~AM2:00から4:00ほとんど代表とその息子の世間話につきあうだけ。)ここ何カ月(中古車販売店がオープンしたのが1月なのでその準備で12月から)休みがもらえていません。休日出勤手当もありません。
給与は団体職員として30万円もらっていますが、確定申告にはそれ以下の値段で申告されています。団体の代表曰く、『30万のうちの申告していない分は私(代表)がポケッ トマネーで出している』とのことですが、実際は団体のお金で交際費かなにがしの経費で落としたお金だそうです。

主人は休みがほしいのですが、言うと『食事もなにもかも(接待のような形でパチンコに連れて行かれます、断れない)金を出してやっているのに、車屋も暇な時間が多いからその間は休みみたいなもの。それ以上に休みをくれと言うのか』や実際一日休んだ時も車で2時間程度の処に遠出をしたのですが『休みだからといって仕事のことも考えず遠くにいくな』といやがらせまがいの仕事メールをずっと送ってきたり、やめたかったらやめれば?とやめられないような精神的苦痛を与えられています。(これは説明が難しいのですが…)

上記をふまえ、質問したい点は、
1、法律の観点から主人の勤め先は違法ではないのか。
2、休日を直接請求できないが、団体側にどこからか指導してもらえる方法はないのか。
の2点になります。

主人を少しでも助けたいのです。彼は義理堅く自分から辞めるような人でもなく、自分が辞めればこの負担がほかの人に行くので何もできない状態でいます。

わかりにくい説明で申し訳ございませんが宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

劣悪な環境下での労働、ご主人様奥様のご心痛、お察し申し上げます。

会社の経理実態に関しては労働問題とは別問題であり、税務署にもご相談済みとの事ですので、ここでは労働問題の面から回答させていただきたいと思います。

 

①法律面からお勤めの会社に違法はないのか?

(1)休憩

休憩時間が自由に休めないとの事ですが、これは労働基準法34条第3項違反です。

「使用者は、休憩時間を自由に利用させなければならない」と定められております。

(2)休日出勤

休日出勤の場合は、賃金プラス休日労働の割増賃金(35%増し)の支払が義務付けられております。お勤めの会社は労働基準法37条第1項違反です。

(3)休みがもらえていない

休日を与えていないのは、労働基準法35条違反となります。

・使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも1回の休日を与えなければならない。

・前項の規定は、4週間を通じて4日以上の休日を与える使用者については、適用しない

と定められております。

1週間に1回か、もしくは4週間に4日のペースで休日を与えなければ違法です。

(4)嫌がらせ発言

「休むつもりか」「休みだからと言って遠出なんかするな」という発言は、パワハラです。「嫌なら辞めろ」のような発言もパワハラ及び退職勧奨であり(退職勧奨自体は違法ではない)、言い方によっては退職強要に該当します。

以上のように、違法だらけの会社であることが明白です。

 

②団体側にどこからか指導してもらえないのか?

ご相談のケースでは、管轄は労働基準監督署になります。会社の所在地を管轄する労基署へ「申告」して下さい。

「申告」を受けて労基署は会社に立ち入り調査して、必要があれば労働局長から会社に指導や勧告が行われます。

労働者の申告による検査を「申告監督」と言いますが、ご主人様が申告したのを会社に知られたくないときは、労基署担当者に対して「会社に知られたくないので、定期監督で立ち入りして下さい」と依頼してください。

「定期監督」とは、労働者からの申告で調査するのではなく、労基署のスケジュールに基づいての調査ですので、「今回はお宅の会社が調査対象だから来ました」という名目になります。

 

労基署内の総合労働相談コーナーで事情を説明・相談し「申告」を行って、会社に立ち入りしてもらい、指導・勧告をしてもらうようにして下さい。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問