JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

試用期間終了時に本採用の取り消しを通知し、予告解雇手当を支給する予定です。 Q1.解雇予告手当には、退職金は含まな

解決済みの質問:

試用期間終了時に本採用の取り消しを通知し、予告解雇手当を支給する予定です。
Q1.解雇予告手当には、退職金は含まなくてよろしいか?
Q2.解雇ではなく、依願退職となった場合、給与は未払いの実労働日数分の支給で
  よいですか?
Q3.依願退職の場合も退職金の支払いが必要ですか?

 以上、ご指導よろしくお願いいたします。(至急、回答を頂けると大変に助かります)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。

試用期間終了時に本採用の取り消し、つまり本採用を拒否されるということですね。

解雇予告手当の支給をする予定とおっしゃっているので試用期間満了とはいえ、本採用拒否が解雇に当たるということはご理解されているようですね。

 

Q1.解雇予告手当には、退職金は含まなくてよろしいか?

解雇予告手当は退職金とは別のものとなりますから含まなくて結構です。

Q2.解雇ではなく、依願退職となった場合、給与は未払いの実労働日数分の支給で
  よいですか?

本人との話し合いの結果、自己都合退職となった場合には、実際に労働した日数分に基づき支給すれば結構です。


Q3.依願退職の場合も退職金の支払いが必要ですか?

退職金の支払いについては、就業規則の定めに従うことになります。結果として自己都合退職となった場合であっても就業規則に定めがあるのであれば支払いが必要となります。

 

社員の態度等に問題があるようですが、能力等や適性が欠如している場合であっても会社が繰り返し注意や指導をしたが改まらなかったという事情があり、始末書などの客観的な証拠が無いようであれば不当解雇と訴えられた際に会社に反論する材料がありませんから注意が必要でしょう。

takatsukasaをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問