JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

雇用条件について。 42才、女性、独身、正社員雇用されて10か月です。 基本給240,000円/月、残業代別

解決済みの質問:

雇用条件について。

42才、女性、独身、正社員雇用されて10か月です。
基本給240,000円/月、残業代別の雇用ですが、突然、雇用条件通知書(6月~)が届き、
基本給177,620円/月、固定残業 手当62,380円(45時間分)、役職(主任)手当て10,000円に変更ということです。
「残業はしてもしなくてもこの金額がもらえるのだから昇給になる」、というのが会社の言い分です。

残業は月40~120時間。きちんと申告できない状況ですが、48時間(83,077円)まで申告したことがあります。
この条件への変更に伴い、業務内容の変更はありません。
職制上、上司はおりません。私の業務を管理する人はいないということです。
ボランティアとしてするよう命じられている業務もあります。

今回のことで仕事に対するモチベーションもなくなり退職を考えていますが、会社都合での退職にできるのでしょうか?また、他に会社に要求できることがあれば知りたいです。
去年の12月に大阪から東京へ転勤になり会社契約の住宅にいます(家賃は50%自己負担)ので、退職の際は転宅費用等も請求したいのですが・・・。

よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社からの突然の条件変更通告、ご心痛お察し申し上げます。

退職を決意されたとの事ですので、その前提での回答をさせていただけたらと存じます。

まず今回の会社側の問題点を挙げてみます。

①労働者への合意なき不利益変更(労働契約法8条違反)

②時間外手当の未払い(労働基準法37条違反)

となります。これ以外に例えば、条件変更を承諾するよう強要された等があればパワハラ(職場環境配慮義務違反)も考えられます。

そこでご相談者様として会社に対して、また会社都合としての退職の行動は以下のようになります。

【会社への対応】

①未払いの時間外手当の支払請求

②不利益変更を強要された事に対しての慰謝料(和解金)の請求

※具体的な手続きは後述します。

【会社都合としての退職】

会社が「会社都合」としての離職票を作成したらそれでよし、です。労働者の意見を記入する欄がありますので、会社が「自己都合退職」で離職票を作成してきたら、そこに今回の会社の対応を記入してください。

特定受給資格者という、雇用保険(失業保険)の受給がすぐに始まる立場をハローワークに認めてもらう事です。今のうち事前にハローワークに今回の件を相談されるのがよろしいでしょう。

特定受給資格者として厚生労働省で定める

「労働条件に締結に際し明示された労働条件が事実と著しく相違したこと」に該当するものと思われます。

そして具体的に会社に対して慰謝料を要求する方法として、内容証明郵便で会社に対して不利益な条件変更を提示され退職を余儀なくされたことに対する損害賠償(慰謝料)を請求することになります。

ただし内容証明を郵送しても、会社が支払いに応じない可能性も考えられます。

その場合には労働審判を申し立てましょう。

労働審判とは、裁判所に申し立てをしますが裁判ではないので弁護士さんを頼む必要はありません。審理も原則3回以内で調停や審判が行われますので、裁判のような長期戦にはなりません。

そして労働審判は当事者に出頭の義務がありますので、会社も逃げることができませんし、調停や審判を受け入れるとそれは裁判の判決と同じ効力を持ちます(つまり後から会社が支払わなかったとなれば、強制執行できます)。

労働審判での調停や審判に当事者から異議が申し立てられたら、その時は通常の訴訟に移行します。裁判での決着を図ることになりますので、弁護士さんを依頼してください。

ご参考までに裁判所ホームページの労働審判の箇所のリンクを添付させていただきます。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

調停や審判では金銭的和解が提示されるケースがほとんどです。

申し立ての内容にもよりますが、月給の3ヶ月~6ヶ月分の和解金支払いというケースが多いです。当然和解金とは別個に未払賃金も支払ってもらいましょう(これは法律上もらって当然の権利です)。労働審判の中で、東京へ転勤してすぐにこのような扱いをされ、お金がかかって迷惑している旨を訴えていただきたいと思います。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問