JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

アルバイトで販売の仕事を1年9ヶ月しているのですが、突然違う店にヘルプで入ってくれないかと言われ、一日だけ入りました

質問者の質問

アルバイトで販売の仕事を1年9ヶ月しているのですが、突然違う店にヘルプで入ってくれないかと言われ、一日だけ入りました。一週間前に6月も頻繁にヘルプで入って欲しいと言われたのですが、店がコンクリートで立ちっぱな しな為腰痛を起こしてしまい、今でもまだ痛むのそれを理由にでお断りしました。
昨日、6月のシフトが出たのですが、腰が痛んでヘルプで入れないからとゆう理由でヘルプはなくなりましたが、今の店の勤務日数が以前は25日だったのですが、15日に減らされました。
突然過ぎて、私にも生活があるので、15日分の給料ではとても生活はできません。急いで他の仕事を探している所です。
ギリギリのシフトで、勤務日数を大幅に減らされるのは、例えアルバイトとだとしても訴えられるのでしょうか?
来月のシフトもこのような状態かもしれないので、6月いっぱいで辞めるつもりです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.

突然勤務日数を25日から15日に減らされたとの事ですが、仕事を始められた当初に労働条件など書面で貰っていますでしょうか。

 

労働契約は労働者が使用者に使用されて労働し、使用者はこれに対して賃金を支払うことを合意することで成立するとされています。つまり採用される際にどの頻度のシフトで働いて欲しいかを会社と労働者の間で合意している訳です。

 

また今回のように突然シフト日数を減らされたなどトラブルとなり易い賃金や労働時間、休日、休憩などの労働条件については、書面にて明示することが労働基準法にも定められています。

 

またシフトの日数を減らすことは、労働条件の不利益変更に当たるため労働者の合意が必要となります。つまり合意もなくシフトの日数を減らすことは問題があるでしょう。

 

会社を訴えるとありますが、裁判などの場合は費用もかかりますから、まずは労働基準監督署の総合労働相談コーナーに相談されることをお勧めします。こちらでは、弁護士などの専門家が会社との間に入って話し合いによる解決を目指すあっせんと言う制度を無料で利用することができます。

雇用・労働 についての関連する質問