JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

はじめまして。ご相談させてください。 31歳、飲食店に勤めるものです。 入社して3カ月目になりますが、勝手に退職手続きを進められています。 経緯はこうです 5/20

解決済みの質問:

はじめまして。ご相談させてください。

31歳、飲食店に勤めるものです。
入社して3カ月目になりますが、勝手に退職手続きを進められています。
経緯はこうです

5/20 母が倒れ、看病の為休みたいと上司に連絡。メールにて「気にしないでいっておいで」との返事

5/21 看病に時間がかかりそうなため、しばらく休みたい旨をメールにて伝える。上司より「了解」の返事

5/23 上司より「お店のカギを返してほしい」との連絡があり、お店に電話する。鍵は書留にて郵送

5/28 事務から「退職の件に関して」というメー ルが届く。上司からは「私物を処分する」とのメール


退職届を提出した事実はありません。
「辞めたい」と言った記憶もありません。

ですが、会社側からは「ばっくれ」の汚名を着せられています。

このまま退職するつもりではありますが、このような件は不当解雇にあたるのでしょうか?
おそらく賃金も5/19までしか出ないと思われます。

よろしくお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

会社からの一方的な退職手続、ご心痛お察し申し上げます。

家族の看病のためというやむを得ない理由での欠勤であり、しかも上司にきちんと報告しているのですから、労働者本人からの退職願も出ていない状態で一方的な退職手続の進行というのは、不当解雇です。

「ばっくれ」の汚名と会社は言っているようですが、ご相談者様は会社に報告を入れていますので、勝手ないいがかりです。

このままご退職される、というお考えとのようですが、退職するにしても会社に対して納得が出来ない気持ちがおありかと思います。

今回の解雇を不当解雇として、労働基準監督署へ申告して下さい。

労基署が立ち入りをして必要と認めれば、会社に対して助言・勧告を行います。

さらに不当解雇ですので、金銭的な和解に持っていくのもよろしいかと存じます。

裁判所へ労働審判の申し立てをする方法です。裁判ではありませんので弁護士さんを依頼する必要もございませんし、原則3回以内の審理で調停や審判がなされます。

そこで金銭的な和解案が出てくれば和解金をもらって退職、でよろしいのではないかと存じます。

ご参考に、裁判所の「労働審判」のホームページのリンクを添付いたします。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

ただ退職するのではなく、会社に慰謝料的なもの(和解金)を払わせてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のお返事ありがとうございます。

 

加えて何点か質問がございます。

 

1、退職の事務手続きが行われているにもかかわらず、私が異議を申し立てなければ、暗黙の了解と捉えられませんでしょうか?

 

2、今年3月に入社し、会社としては「試用期間」のようです。

 

3、お休みをいただく数日前、クレームをお客様から受けています。その損害賠償やそれによる懲罰解雇を受けた場合、私に勝ち目はあるでしょうか?

 

どうぞよろしくお願いします

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

 

①異議を申し立てなければ、当然に暗黙の了解と捉えられます。

了解していない意思を会社に通告するなり、先の回答のように労基署へ申告する、労働審判を申し立てる等の行動が反論の行動になります。

 

②試用期間中だったのですね。ただし試用期間であっても「14日を超えて引き続き使用されるにいたった場合」は解雇予告の制度が適用されます。

ご相談者様は入社して14日以上勤務されておりますよね?であれば解雇予告制度の適用がありますので、即時解雇するなら平均賃金の30日分以上の解雇予告手当をご相談者様に支払う、もしくは30日前に解雇の予告をしなければなりません。

しかも正当な理由がなければ試用期間中であっても不当解雇です。

 

③クレームの内容にもよります。損害賠償や懲戒解雇をされるほどの重大なミスをなさいましたか?会社に実損害は発生しましたか?

会社には使用者責任というものがありますので、労働者のミスを全て労働者に負担させる(損害賠償する)というのは無理があります。

懲戒解雇は、就業規則に制裁規定があるはずで、そこに記載されている内容が、今回ご相談者様が顧客から受けたクレームに該当するのであれば懲戒解雇も成立し得ます。

ただし懲戒解雇とはよっぽどの事をしなければ、なかなか該当するものではありません。

 

今回のご相談は、不当解雇の可能性が非常に高いケースだと思われます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

先ほど上司から連絡がありました。

 

「退職希望とみなしたのは『今後どうしたい?』という質問に対して『今それどころではない』と返答したため」

確かに落ち着いてから連絡しようと、先延ばしにしました。

 

「事務方から『退職手続きの事務書類郵送しました』に対して『了解しました』と答えているので、自主退職のはず」

確かにメールにて返信しています

 

だいぶ事情が変わってしまいましたが、アドバイスいただけますでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

ご相談、大丈夫ですよ。

ただお手数をおかけして申し訳ございませんが、ご相談者様が月極会員様のようですので、just answerの公正利用の方針に基づき、このスレッドでの回答は終了とさせてください。

私の回答欄にIDネームであるsr_hossyという所がありますので、そこをクリックしてご相談を投稿していただけますでしょうか?

ご面倒をおかけして誠に申し訳ございません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

【私のこの返信には承諾しないでください。二重承諾になってしまいますので、ご注意ください】

雇用・労働 についての関連する質問