JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

役員から「会社貸与の携帯電話を24時間365日携帯すること。」と業務命令という形で指示されました。 これは従わなく

解決済みの質問:

役員から「会社貸与の携帯電話を24時間365日携帯すること。」と業務命令という形で指示されました。
これは従わなくてないけないのですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

携帯電話を貸与されても、貴方の就業時間(労働時間)は労働契約、就業規則などで定められた時間に限ります。

よって、携帯電話を貸与されても労働契約などで定められた時間以外は電源を切っていても問題はないのですが、貴方の場合はその定められた労働時間以外の時間も営業担当者からの問い合わせにいつでも対応できるようにしておくということなので、これは手待ち時間と言い、労働時間に該当します。

よって、携帯電話を貸与し、24時間対応できるようにしておく指示は労働基準法違反となり、従う必要はありません。

と、ここまではあくまで法律上のことですが、現実的には貴方のように常に携帯電話を携帯しておくよう指示する会社は少なくありません。

その場合はどのような性質の業務であるかにもよりますが、単に問い合わせだけを受けるのであれば、ある程度甘受しなければ、貴方が今後この会社で勤務しづらくなる可能性も否定できません。

一方、すぐに駆けつけなければいけないような連絡であれば、明らかに労働時間となり、また貴方の私生活にも支障をきたすものと考えられますので、会社に改善を求めるべきでしょう。

どうしても、携帯電話を24時間携帯すること自体に納得がいかず、会社が強制してくるのであれば、労働基準監督署内の総合労働相談センターにご相談されることをお勧めいたします。

相談内容によって、会社に対し都道府県労働局長による助言・指導が入るでしょう。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問