JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

保育士です。 休みは日曜・土曜日(月1回のみ)以外、祝日です。 プラス、祝日が一日ある月は1日平日に休みが取れま

質問者の質問

保育士です。
休みは日曜・土曜日(月1回のみ)以外、祝日です。
プラス、祝日が一日ある月は1日平日に休みが取れます。
祝日がない月は平日2日休めます。
祝日が2日以上ある月は平日休みはありません。
労働時間は平日9:00~17:30(休憩時間は45分)
土曜日は9:00~14:30(休憩時間なし)
週40時間を超えてると思いますが、違法ではないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させてただきます。

 

 

まず、休日に関しては労働基準法第35条により「使用者は労働者に対して毎週少なくても1日、もしくは4週間を通して4日の休日を与えなければならない」とされています。

貴方の職場が毎週日曜日を休みとしているのであれば休日に関しては問題ありません。

 

次に労働時間に関してですが、労働基準法第32条により、1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。

(労働基準法第32条)
これを法定労働時間といいます。

会社がこれを超える労働をさせるには労働者の代表と労使協定を締結し、労働基準監督署に届け出る必要があります。

 

貴方の職場でこのような届出が労基署にされているのであれば違法とはなりません。

 

しかし、労使協定の届出がなされていようと、使用者は法定労働時間を超える労働時間に対しては時間外労働手当を支払う必要があります。

時間外労働手当が支払われていないのであれば賃金の不払いとして労働基準法第24条違反となります。

 

また、労使協定を届け出ていても厚生労働大臣により1カ月45時間という時間外労働時間の限度基準が定められています。

 

よって、貴方の職場で労使協定がきちんと届けられているか確認し、届けられていたとしても40時間を超える労働に対して時間外手当が支払われていないようであれば、使用者に対し改善を求めるとよいでしょう。

 

それでも使用者が改善してくれないのであれば、労基署に労働基準法違反として申告することも可能です。

労基署の申告を匿名ですることや、以下のURLから匿名で情報を送ることも可能です。

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答をご覧いただき、ありがとうございます。

専門家としてご提示された金額、ご質問内容から判断できる範囲で十分な回答を心掛けておりますが、ご不明な点、説明不足だと思われる点などございましたら、ご返信にてご指摘ください。

再度回答させていただきます。

雇用・労働 についての関連する質問