JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

勤続年数7年6ヶ月 自己都合による退職です。 勤続年数による支給率を知りたいのですが。

解決済みの質問:

勤続年数7年6ヶ月 自己都合による退職です。
勤続年数による支給率を知りたいのですが。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

支給率とは何の支給率でしょうか?

失業手当のことでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職金の計算です。

本給の0.8%は解るのですが、支給率と勤続年数が一致しません。

どんな方法で支給率は計算されているのかということです。

以前退職(自分と同じく自己都合)の場合、11年勤続で基本給は私よりも多かったのですが、支給率は8ヶ月ぐらいでした。

インターネットで調べましたら、平均5年勤続で3ヶ月だったように思います。

私の場合7年6ヶ月にも関わらず、3.65の支給率でした。

こんなもんなのでしょうか?

本給158000円*0.8=126400

支給率 3.4+(3.9-3.4)*6/12・・・・・(これがいまいち解りません)

金額 461360円でした。

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

退職金に関しては労働基準法上に定めはなく、会社が任意に規定するものです。

試用期間を勤続年数に含む、含まない、定年後の再雇用期間を勤続年数に含む、含まない、その他、支給率など会社独自に決めることが出来ます。

会社の独自の計算方法によるものなので、貴方の会社の退職金規定を確認していただくことが前提となりますが、退職金規定に定めてある以上、退職金は賃金に該当しますので、正しい計算方法によってなされていないのであれば賃金の不払いとして労基署などの行政に相談することが可能です。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問