JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
hiroumushiに今すぐ質問する
hiroumushi
hiroumushi, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 309
経験:  4年大学卒業 平成15年10月社会保険労務士事務所開業
62918450
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
hiroumushiがオンラインで質問受付中

希望退職制度があるが、君は仕事がない旨の文言で、希望退職するように圧迫されている

質問者の質問

希望退職制度があるが、君は仕事がない旨の文言で、希望退職するように圧迫されている
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

回答いたします。

上長の行為は、退職勧奨です。

よって、貴方自身に退職の意思がなければ、応じる必要はありません。

貴方が退職勧奨に応じないことによって、上長がさらに必要以上に退職勧奨をしてきたならば、退職の強要となり不当であると考えます。

さらに「この先仕事はない」とのことですが、実際に仕事をさせない、与えない等の行為があれば、パワーハラスメントに該当する可能性は高いと考えます。

貴方に退職の意思がなければ絶対に自分から退職届等を提出しないでください。

しかし、すでに貴方と会社の信頼関係は壊れていると思われるので、退職勧奨に応じる代わりに退職金の割増等を要求するなど、金銭的解決も一つの方法だと考えます。

hiroumushiをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

あまりに非現実的な退職勧告によりうつ病になってしまいそうですがその場合、会社を訴えることは可能でしょうか?

専門家:  hiroumushi 返答済み 5 年 前.

会社を相手取り、訴訟を起こすことは可能だと考えます。

しかし、裁判等になれば、お金や時間もかかり、貴方の精神的な負担も大きくなることを覚悟する必要があります。

順序としては、

① 会社に不当な退職の強要をやめるよう要求する

② 要求してもやめないようであれば、労働局のあっせん制度を利用する。

③ ②でも解決せず、貴方が納得できなければ訴訟を起こす。

労働局のあっせん制度は、会社と労働者の紛争について、第3者(弁護士等)が間に入って円満解決を目指す制度です。

最寄りの労働基準監督署で詳しい説明を受けられます。

雇用・労働 についての関連する質問