JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

有給休暇についてご質問いたします。 現在派遣として勤務5年目となります。 派遣先の上司からむりな業務を押

解決済みの質問:

有給休暇についてご質問いたします。

現在派遣として勤務5年目となります。

派遣先の上司からむりな業務を押し付けられ派遣会社の担当にも相談をしましたが、派遣先の会社は他の会社とはかなり異なり派遣法で説明しても、逆に大口の契約先だけに強く言いくるめられ、継続するにはパワーハラスメントだろうが全て受入れ続けるしかないという選択でした。担当も「申し訳ありませんが、こちらの会社は特殊で個々に話してもらった方が・・」と最後は逃げ腰。こちらの会社には正直手を焼いている・・といったニュアンスで電話を切られてしまった。


会社も派遣先もコンプライアンスはあってない様なもの・・・

業務内容はテレマーケティングの営業(受電)

1日80本~100本の電話応対をしており、内容によってはPCで加入・条件変更・給付 申請・加入者照合・ファイリングなど


しかし昨年5月より今月の4月まで本来職員が行う責任ある仕事も加わり、それと同時に受電をする事となりました。

お客様へ書類を手書きで作成し発送、戻ったものを確認(事務処理)

受電しながらの事務処理はかなりリスクが多く、それ以上に職員の方々もその上司の一言で退職させられる事もあり、責任を負う事から避ける傾向にある会社でこの様な仕事を派遣がやって良いものだろうかと悩みましたが、職員並みの仕事をこなすまでになりました。


ひとつひとつ間違いは無いかチェックしながらの作業にも関わらず、慣れ始めた頃から徐々に入電も率先して取りなさいと上司(常務)から言われ続ける様になってきました。

電話の本数が伸びないので今年4月にはその仕事は外される事になりましたが、その後は私への風当たりが悪く何かにつけ指摘をする事が続いております。

終業時間が延長しても残業はほとんどつけてもらえず・・頑張ってきた評価は何ひとつして頂いてないのにこの様な仕打ちを受け辞める決心に至りました。

前置きが長く申し訳ありません。

そこでご質問ですが、私の場合6月で有給が加算され毎年7月15日給料日に反映しております。

サービス残業もさせられ、業務もリスクある仕事と併用で入電をとりパワーハラスメントに耐え せめて有給加算時期なので有給は頂きたいです。

6月末に派遣会社へ「7月で退社します」と伝え、7月15日給料に反映している有給を7月で全て消化できるものでしょうか?

本来派遣会社の担当へ相談するべきでしょうが、派遣会社も含め信用出来ないです。
派遣先の件は今までにも他の派遣から、たくさんの苦情は聞いているそうです。
しかし、聞いても何の対処もないので苦情受付があったとしても意味がないものですから・・・

もう一件、失業保険の申請は半年後との事ですが、辞めざるを得ない状況になり次の仕事もまだ見つけられておりません。
できればすぐに申請する方法はありませんでしょうか?

ご相談がうまくお伝えできたか心配ですが、どうぞご回答をお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

劣悪な状況でのお仕事、ご心痛お察し申し上げます。

まずは有給休暇の件ですが、全てを消化してからの退職が可能です。

ご相談者様のご希望通り「6月末に退職の申し出」そして「7/15に付与される有給休暇を消化してそのまま退職」で何ら問題ございません。

会社もそのご希望を拒否する権利はございません。

出来るならば「6月末に退職の申し出」⇒「7/15に有給休暇の申請」⇒「7/16から持っている全ての有給休暇を消化してそのまま退職」の流れがよろしいかと存じます。

なぜならば、会社には有給休暇の時季変更権というものが認められていて、「業務に著しく支障がある」場合には、有給休暇の日付を他の日に変更させられる可能性があるためです。時季変更権を行使されないようにぎりぎりで有給休暇申請してそのまま退職、という形に持ち込んだ方が、ご相談者様のご希望に一番かないます。

雇用保険に関しましては、派遣先ではなく派遣元の会社の退職ですので、派遣元の担当者に「会社都合退職」での取り扱いをしてもらってください。派遣元が「会社都合退職」に難色を示したら、

労働者契約法40条をたてに交渉してください。

【労働者契約法40条】

(適正な派遣就業の確保等)
派遣先は、その指揮命令の下に労働させる派遣労働者から当該派遣就業に関し、苦情の申出を受けたときは、当該苦情の内容を当該派遣元事業主に通知するとともに、当該派遣元事業主との密接な連携の下に、誠意をもつて、遅滞なく、当該苦情の適切かつ迅速な処理を図らなければならない。

 

派遣元は明らかにこの条文を履行していません。

もしこの条文を示しても派遣先が「会社都合退職」を拒否するようでしたら、労働基準監督署へ申告してください。労基署から会社に助言・勧告をしてもらってご相談者様のご希望を通しましょう。派遣先に対して「労基署に相談してみる」といえば、あっさりと認めてくれるかもしれません。会社都合退職となれば、基本手当(失業保険)の受給がすぐに始まります。

 

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

補足です。申し訳ございません。

先の回答の【労働者契約法】は【労働者派遣法】の誤りです。

お詫びして、訂正させていただきます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございました。

これ以上続けていく事が苦痛だったので7月に有給が消化できるとお聞きしホッとしました。

また、雇用保険に関しても希望があるとの見解に諦めず派遣会社にその旨伝えてみる様頑張ってみます。

 

そこで今回の回答で再度疑問に思ったのですが・・・

 

毎月20日に次月休暇を派遣先へ直に申請する様になっております。

 

希望どおり 6月末に退職を申し出→7月15日に有給を申請→7月16日以降で消化(すでに今までの有給は今月消化出来るため7月付与11日分)すると 派遣先から休暇申請されてないのでシフト上困ると拒否される事はないのでしょうか?

 

 

その部分もしっかり反論できる状態で退職をしたいもので・・・

 

P.S【労働者派遣法40条】でよろしいでしょうか?

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

誤りがありまして、申し訳ございません。【労働者派遣法40条】です。

この条文で派遣先・派遣元ともに労働者の苦情の適切かつ迅速な処理を図らなければならない、のにも関わらず放置したわけです。つまり派遣元・派遣先両者の落ち度です。

有給休暇取得のご懸念ですが、6月末に退職の申し出をするわけですから7月末にご相談者様が退職するのは6月末時点で会社は把握するわけです。

しかしシフト上困ると会社に言われても7/15に会社に対して「7月16日から7/31まで有給休暇を使います」と言ってしまえば、会社は休暇を他の日にずらす余地がありません。(ご相談者様は7/31に退職してしまうのですから)

退職日を超えて有給休暇の時季を変更する権利は会社にはございません。ご安心ください。

本来であれば、6月末に退職を申し出てその際に同時に7/16~7/31までの有給休暇を申請すればいいのですが、ご相談者様の会社に対する不信感をうかがいましたので、確実に有給休暇を取得できる(会社に時季変更権を行使する余地を与えない)方法として、提案させていただきました。

ご相談者様がこの措置を取られることには何らの問題もございません。

 

 

※勤務先が土日祝日がお休みであるならば、7/17、7/18、7/19、7/20、7/23、7/24、7/25、7/26、7/27、7/30、7/31を有給を使えばちょうど付与される11日分を消化できます。

 

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問