JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

会社を辞めようと思いますが所謂ブラック会社です、今までの人間のほとんどがなかなか辞めさせて貰えず退職届をを書いて逃げ

解決済みの質問:

会社を辞めようと思いますが所謂ブラック会社です、今までの人間のほとんどがなかなか辞めさせて貰えず退職届をを書いて逃げるような形で辞めて行ってます。
しかし家の前で待ち伏せされたり、給料を止められたり、払われても最低保障給に調整されたりしています。
中には話し合いたいと会社に呼び出され殴るけるの暴行を受けた人間もいます。
タイムカードは退勤時は押され ず残業代を計算したところ120万円を超えます。
休日出勤時はタイムカードは押さないことになっています。一年勤めていますが有給も説明されたこともありません。
営業職ですが成績が悪いと「殺してやる」「泣き言を言うなら口を潰してやる」「お前の家庭ごと潰してやる」等
発言もムチャクチャです。
しかし会社つきの弁護士がいるらしく対抗できません、自分なりにタイムカードのコピーをとったり、通話を録音したりしてますが対抗できるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

劣悪な環境での労働、ご心痛お察し申し上げます。

会社に報復する、慰謝料を取る、というお考えではなく無事に退職したい、そのための法的知識があるところを相手にわからせたい、というご希望でよろしいでしょうか。

そのご希望に沿って回答させていただきたいと思います。

 

【退職の自由】

民法627条で

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

と定められております。つまり正社員の場合は、退職予定日の2週間前までに退職の申し入れをすれば、会社の規定がなにであろうと、退職できるとされております。

退職願も手渡しですと「受け取っていない」「知らない」ととぼけられてしまう可能性もありますので、内容証明郵便で会社に退職願を郵送するのが確実です。

 

【時間外手当未払】

当然ですが、時間外手当未払は違法行為です。

労働基準法37条に抵触します。

 

【給与を止める】

賃金の未払いは言語道断です。労働基準法24条違反となります。

理由のない最低保障給への調整も同じく労働基準法24条違反です。

休日出勤時の給与未払も同条違反です。

 

【言葉による圧力・脅迫】

労働問題としてはパワーハラスメントです。「殺してやる」「泣き言を言うなら口を潰してやる」等の発言は明らかなパワハラです。通話の録音がされているのなら強力な証拠となります。

 

殴る、蹴る、待ち伏せするは刑事事件の範疇になろうかと思われます。

上記で退職願を内容証明で、というお話をさせていただきましたが、できるならば弁護士や行政書士の先生に作成を依頼した方がよろしいと思います。

ご自分で作成することも可能ですが、内容が過激になると反対に「脅迫」ととられてしまう可能性もありますので、専門家に依頼した方が安全です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

退職届を出し退職日までを有給を使用して出勤しないことは可能でしょうか?

1年一ヶ月勤めていますが法的には何日取得できるのでしょうか?

明日さえ出勤するのが苦痛なのです。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。相当おつらいご様子が手に取るようにわかります。

退職届を出して有給休暇を消化することは可能です。

ご相談者様が勤続1年1箇月でしたら、有給休暇は10日使用できます。

土曜日曜もうまく利用して有給休暇を活用してください。

例えば土曜日曜が休みの会社ならば

6/1に退職願が会社に届くようにして、

有給を6/1、6/4、6/5、6/6、6/7、6/8、6/11、6/12、6/13、6/14の10日間を有給使用、

6/2、6/3、6/9、6/10は土日です。

6/1から6/14まで2週間ですので、6/1からもう出社しなくていい、ということになります。そして休暇のまま6/14の退職日を迎えることが可能です。都合のいい日程を組んでいただけたらと思います。

退職願と同時に、有給休暇申請書も内容証明郵便で提出してしまったらいかがですか。これなら間違いありません。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問