JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

遅刻や早退の理由に「家事都合」や「私用」はいけないというのですが、本当ですか?詳細な理由等書いても無意味ですし、プラ

解決済みの質問:

遅刻や早退の理由に「家事都合」や「私用」はいけないというのですが、本当ですか?詳細な理由等書いても無意味ですし、プライバシーにも抵触するのではと思うのですが。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

休暇や遅刻、早退の理由(何にその時間を使ったか)は使用者の干渉を許さない労働者の自由です。ですので、「家事都合」「私用」でも特に問題はございません。

ただしモラルの問題でもありますので、突然当日に「早退です」「遅刻です」を連発する人は、会社から降格や減給の制裁がなされても仕方がない部分もあります。

特に遅刻などは「寝坊」なのか「用事があった」のか判断がつきません。よほど緊急を要した用件でなければ遅刻を連発すれば、遅刻常習者として会社も勤務態度を理由に制裁をしてきます。

会社の就業規則で、何日前までの届け出をすること、という規定が存在するはずです。その規定に則って早退届を提出しているのであれば、早退の用件が何であるかは関係ありません。遅刻も同様です。

ただし年休に関しては、会社側に時季変更権というものが与えられていて、労働者から請求があった有給休暇の日が、「事業の正常な運営を妨げる場合」には、日をずらす権利があります。この点は気をつけましょう。

結論としましては、

遅刻、早退の理由が家事都合や私用であってはいけない、という事はありません。

しかしその届け出に関しては会社の就業規則を順守して決められた日数前までに提出しましょう。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問