JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

介護老人福祉施設勤務です。 昨年9月下旬から人員不足のため、規定の休日を消化できず、繰り越しという形をとらされてい

解決済みの質問:

介護老人福祉施設勤務です。
昨年9月下旬から人員不足のため、規定の休日を消化できず、繰り越しという形をとらされていますが、繰り越し休が減るどころ か、徐々に増えていき、今では一人平均10日くらい繰り越し休がたまってます。経営陣に人員不足を訴えると、その人数でうまくシフトを組めないのが悪い!と言われたそうです。私は平社員なので、経営陣と直接話す機会はないですが、シフトを管理している中間のものも困った困ったしか言わず、何も動こうとしません。一番大変なのは現場で働く私たちと、入所中のご老人たちです。
規定人員にも達していないし、規定の休日も取れないし、職員は皆疲労困憊し、満足な介護もできず、ストレスがたまる一方です。病欠や忌引きが出たりしたら、目も当てられない状況です。先も見えない状況です。
経営陣を納得させるにはどのような説明が必要でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

休日に関しては労働基準法第35条により「使用者は労働者に対して毎週少なくても1日、もしくは4週間を通して4日の休日を与えなければならない」とされています。

 

また、労働時間に関しては労働基準法第32条より1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないとされています。

これを法定労働時間と言います。

 

繰り越し休日とは休日の振り替え、または代休のことだと思いますが、例え所定の休日を他の日に振替ようとも、その日、またはその週の労働時間が法定労働時間を超えている場合は使用者は労働者に時間外労働手当を支払う必要があります。

貴方の職場では時間外労働手当がしっかりと支払われているでしょうか?

そうでないのであれば労働基準法違反となります。

 

また、使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があります。

慢性的な人員不足や、それに伴う従業員のストレスはこのような点についても問題となります。

 

経営陣に対しては職場が上記のような点で不法行為に該当することを引き合いに出し、改善を求めればよいのですが、貴方もすでに感じておられるように現実問題として、労使関係においては圧倒的に力の差があります。

労働者個人で改善を求めるのは難しいものがありますので、労働者の団結が必要となります。

同僚など、信頼のできる仲間と協力して改善を求めていくことが必要となります。

それでも会社が話しに応じない、何の対応もしないのであれば第三者の力を借りるしかないでしょう。

 

そのような場合は労働基準監督署内の総合労働相談センターで相談が出来ます。

相談内容によって会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

 

行政が間に入ることによって、従業員の職場環境改善要求の本気さが伝わり、使用者も何らかの対応を取らざるを得なくなるのではないでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答ありがとうございます

週一くらいで夜勤(PM4:00~AM9:00 休憩、仮眠3時間)が入るのですが、これは週40時間に入るのですか?

4週間に4日の休みはありますが、社則では日・祝日隔週土曜休みになっています。どちらが優先されるのですか?

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

ご返信にある夜勤の実労働時間も週40時間に入ります。

 

休日に関して説明不足でしたね。申し訳ございません。

休日に関して詳しく説明させていただくと、労働基準法第35条の休日を法定休日といいます。

一方、法定休日以外の社則(就業規則)で決めている休日を所定休日といいます。

社則でも「法定休日は○曜日とする」というように記載されていると思いますよ。

使用者は法定休日を与えていれば労働基準法第35条には違反せず、また、休日手当を支払う必要はありませんが、それとは別に先の回答で述べさせていただいた法定労働時間を超えた部分については時間外労働手当を支払う必要があります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

所定休日は要求できなくても、週40時間を超えている分については時間外を要求できるということですか?

交代制でランダムなシフトになっているので、その週によって、40時間を超えている場合もあるし、40時間に満たない場合もありますが、この場合プラマイゼロになるのですか?

法定休日をもらっていれば労基法違反にはならないのですね?

きついですねぇ・・・

人員不足を納得してもらうには、労働者の団結は無理だし・・・労基署となるとクビ覚悟ですね・・・

有休もらえばよいのでしょうか?

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

>40時間を超えている場合もあるし、40時間に満たない場合もありますが、この場合プラマイゼロになるのですか?

プラマイゼロにはなりません。

その週に40時間を超えていれば時間外労働手当の支払いが必要となります。

 

有給休暇に関して説明させていただくと、有給休暇は労働基準法に明確な定めがあり、請求した場合は会社の都合で与えないということはできません。

(労働基準法第39条)
会社は「事業の正常な運営を妨げる」場合には、有給休暇の取得日を変更させることができることになっていますが(時季変更権)、余程の事がない限り、時季変更権は認められず、仮に認められたとしてもあくまで別の日に変更する事が出来るだけで取得を拒否することはできません。

 

貴方が人員不足を訴えても対応してくれず、同僚、上司も協力してくれないのであれば行政等を利用せざるを得ないのですが、労働基準監督署への申告は匿名でもすることができ、また、下記のURLからメールで情報を送ることもできますのでご検討されてみてはいかがでしょうか。

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問