JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

質問です。 時間外労働の割増分を会社側に求めたところ、「年間では時間外は発生していない」との返答が来ました。 こ

解決済みの質問:

質問です。
時間外労働の割増分を会社側に求めたところ、「年間では時間外は発生していない」との返答が来ました。
これはどのような意味なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

詳細がわかりませんので、可能性のあるケースを回答させていただきます。

・会社が「フレックスタイム制」を導入している場合

この場合は残業と早退で時間を相殺して計算しますので、例えば残業5時間して早退も5時間あったら差し引きで残業ゼロという制度です。

ただしフレックスタイムの計算は年間ではなく、1箇月単位での計算です。

法定労働時間は1日8時間、1週間で40時間と定められております。

これを超える部分は時間外の割増を支払う義務が会社にはあります。(労働基準法37条)

会社の言う「年間では」という言葉の意味がまったくわかりません。会社が勘違いをしているか、残業代を支払いたくないからしらばっくれている可能性が大です。

質問者: 返答済み 5 年 前.
回答をありがとうございます。
まず、分かるところからの補足をさせていただきます。
私がいた会社はフレックスではありませんでした。そして請求をした分は1日8時間以上と週40時間以上の分だけでした。
ちなみにこの「年間云々」は会社の社労士の先生がよく言っていた言葉なのです。
そして経営者は経営に関しては全くの素人で、私が在籍していた間も社労士の先生がおっしゃっていることをそのまま繰り返しているだけのような有様であり、素人の私が聞いていても耳を疑いたくなるような、ともすれば違法ではないかと感じるような応答がなされていた事がありました。
ただ、社労士の先生である以上はどこかしらに法を犯していないとする根拠があるのでしょう。
その辺の心当たりがありましたらお教え願えるとありがたいと思い質問をした次第です。
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

恐れ入りますが、ご相談者様のお勤めの会社の「業種」と、ご相談者様が従事している「職種」は何でしょうか?

(例)業種     運送業  建設業 等

   職種     事務職 営業職 

可能な範囲で結構ですので、詳細にお教えいただけますでしょうか?

ご返信いただけたら幸いです。

お手数をおかけしまして申し訳ございません。

質問者: 返答済み 5 年 前.
業種は産廃の運搬業で、職種は事務職です。
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

詳細をお教えいただきまして、ありがとうございます。

職種によっては「裁量労働制」という制度があって、時間外計算の例外規定があるので、ご確認させていただきました。

産廃運搬業の事務職の方でしたら、裁量労働制も関係ございません。

例え遅刻や早退や欠勤があっても、先ほどの回答で申し上げました

①1日8時間

②1週間40時間

の法定労働時間を超えて労働させた場合は、時間外割増を支払う義務があります。

フレックス制や裁量労働制でもない中で、「年間の・・・・」という理由の残業代未払いの正当性はございません。

先に回答申し上げました通り、労働基準法37条違反です。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問