JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

サービス残業は当たり前の毎日で、仕方がないことだと思って過ごしてきたが、なかなかスタッフも増えず、いい加減限界が来て

解決済みの質問:

サービス残業は当たり前の毎日で、仕方がないことだと思って過ごしてきたが、なかなかスタッフも増えず、いい加減限界が来ている。有給休暇も取れるだけ、余裕がない。常々、スタッフを補充して欲しいことは、お願いしているが、面接者自体が来ないから、どうも出来ないとだけ言われるだけである。
いつまでと期限があれば、頑張れるが、永遠にいつまで続くかと思えば、やる気がうせるだけである。
どうしたら、いいものか、じっと耐えて待つべきなのか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

まず、労働時間に関しては労働基準法第32条に1日8時間、1週40時間を超えて労働させることはできないと定められています。

(労働基準法第32条)

 

これを法定労働時間といいます。

 

この法定労働時間を超える労働時間に対しては時間外労働手当を支払う必要があり、サービス残業は労働基準法違反となります。

 

 

また、有給休暇に関しても労働基準法に明確な定めがあり、請求した場合は会社の都合で与えないということはできません。

(労働基準法第39条)

 

 

さらには使用者には良好な職場環境を提供する義務(職場環境配慮義務)や労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう必要な配慮をする義務(安全配慮義務)があり、このようなことについても貴方の職場は問題がありそうです。

 

 

と、上記のような違法性に関しては貴方もすでにご存じであり、それを踏まえたうえで会社に改善を求められているのだと思います。

 

円満に解決するには話しあいによる解決しかないのですが、労使関係においては圧倒的に力の差があります。

労働者個人で改善を求めても会社も本気で取り合ってくれることは少ないので労働者の団結によらざるを得ません。

貴方と同じ思いをしている他の従業員と協力して改善を求めていく必要があるでしょう。

 

また、少なくともサービス残業や有給休暇の取得に関しては労働基準監督署に申告することにより会社に指導・是正勧告がなされ改善されると思います。

但し、現実問題として労基署に申告することで結果的に会社との関係性が悪くなり、勤務の継続が難しくなるのである程度、退職も覚悟したうえで検討する必要があります。

下記のURLからメールで情報を送ったり、匿名で申告することもできますが、貴方の職場の従業員数によっては誰が申告したか会社が犯人捜しをする可能性もあるでしょう。

https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/roudoukijun_getmail.html

 

しかし、行政から是正勧告がなされると会社は是正(改善)報告書を提出しないといけなくなるので、会社もスタッフ補充などの対応を真剣に検討してくれるのではないでしょうか。

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問