JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

52歳で総務課長をしています。1年半前に10年勤めた財務部の課長から支店の総務課長に移動させられ、今度はさらに小

質問者の質問

52歳で総務課長をしています。 1年半前に10年勤めた財務部の課長から支店の総務課長に移動させられ、今度はさらに小さな部署の総務課長に移動させられます。理由は改革のためであり、1年半働いた移動先でも仕事はきちんとしてきたと自負しています。財務からの2度の移動は両方とも左遷です。理由として考えられるのはオーナーと人事部長に嫌われているからです。会社都合の退職にもって行く方法と、有給休暇(40日)消化後の退職は可能でしょうか?以上よろしくお願いします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

まず、人事異動(配転)については直接規制する法律はありません。

 

過去の判例からは①勤務場所・職種を特定する合意がなく、②労働協約、就業規則に、業務上の都合により配転を命じることができる旨の規定があり、かつ現に配転を行っている等の実情がある場合には、使用者が労働者の個別的な合意なしに配転を命じる権限があるとされています。

 

しかし、いくら就業規則、労働契約に基づいて使用者に配転命令権が認められたとしても、その権利が濫用と認められれば無効を主張できます。

過去の判例から配転命令権の濫用が認められる特段の事情として①当該配転命令に業務上の必要性が存しない場合、②業務上の必要性がある場合でも、当該転勤命令が他の不当な動機・目的をもってなされたものであるとき、③もしくは労働者に対し通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせるものであるとき、をあげています。

 

ご質問内容を前提にすると貴方のケースは②不当な動機によるものである可能性が高いでしょう。


但し、その判断をするのは裁判でということになり、また不当な動機であることを立証する必要があるので、このことだけを理由に権利濫用を認めさせるのは現実的には難しい問題ではあります。

実際に裁判を起こさないにしても会社にはこのようなことを引き合いに出し、会社の人事異動が不当であったことを主張し、会社都合退職(退職勧奨)を求められてはいかがでしょうか?

 

 

一方、有給休暇に関しては労働基準法に明確な定めがあり、請求した場合は会社の都合で与えないということはできません。

(労働基準法第39条)

会社は「事業の正常な運営を妨げる」場合には、有給休暇の取得日を変更させることができることになっていますが(時季変更権)、貴方のように退職される方は、使わなかった有給休暇は消滅するため、会社は退職予定日までに請求通り与えなければいけません。

 

 

また、残業代の不払いも労働基準法違反となります。

賃金の請求権の時効は2年間ですので退職後でも労働基準監督署に申告するなどして請求できます。

 

貴方が管理監督者に該当する場合は、労働基準法上の労働時間の規定が適用されず、残業代の請求もできないこととなっていますが、管理監督者であるかどうかはその名称にとらわれず実態に即して厳しく判断されることとなっています。

判断要素として、①職務の内容、権限、責任、②出退勤の自由度、③地位にふさわしい処遇、等により検討され、日本の多くの管理職はこれに該当しません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ネット上で既出の回答であり知識としてはすでにありますし、残業手当も裁判に持ち込めば勝訴すると思っています。

時間も労力も最小限に使って有利な条件で退職したいので相談したのです。

 

裁判を起こすことを前提にしていませんし、交渉に応じるようなオーナーではないのでどう対処したら良いかが知りたかったので残念な回答です。

退職前に自己に有利な準備をしておく方法を教えていただきたいです。

過去の解雇はみな泣き寝入りで、知っている限り裁判に持ち込んで退職者の主張が認められたのは2例です。(実際に和解金を私が財務部j時代に振り込みましたので)」

真綿で首を絞めるような手口に皆戦う気力を失って退職してゆきます。

そのようなことにならない方法が知りたいです。

失礼なことを申し上げているのは重々承知していますがよろしくご指導ください。

 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

ご質問である、>会社都合の退職にもって行く方法と、有給休暇(40日)消化後の退職は可能でしょうか?

ということに対して十分な回答をさせていただいたつもりです。

大変申し訳ございませんが、これ以上の回答をお望みであれば、新たな金額を提示し、新たな質問として投稿していただけますでしょうか。

(先の回答に満足していただけないのであれば承諾していただく必要はありません)

また、このようなサイトでは質問内容から判断できる範囲での一般的な回答しかできません。

(ネット上でも公開されるようですし、こちらからこれ以上、より具体的な事情をお伺いしていくことも問題があると思いますので)

質問者: 返答済み 5 年 前.
承知しました。 残念です。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.
満足していただける回答が出来ず、大変申し訳ございませんでした。
質問者: 返答済み 5 年 前.

弁護士に相談すべき事項だったかもしれません。

不愉快な思いをさせてしまったような気がします。

申し訳ありませんでした

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.
貴方にとっていい形で退職でき、次のお仕事先でもご活躍されていくことをお祈りしております。

雇用・労働 についての関連する質問