JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

マネージャーに話をしましたが、同僚の2人については「もう変わらない」から始まり、私の改善するべき点について指摘されま

解決済みの質問:

マネージャーに話をしましたが、同僚の2人については「もう変わらない」から始まり、私の改善するべき点について指摘されました。「ハラスメントと思うなら、 次にやられた時に『これはハラスメントではないか?』と笑いながら聞けばいい。」と言われ、私は「悔しいです」というと「そうでしょう。仕事で証明するしかないんだ」と言われました。

私は人事部におり、この回答をしたのは人事部マネージャーです。もうこれ以上話しても無駄と思ったのと、精神的に疲れたので退職することにしましたが、同僚、このマネージャーの対応がどうしても許せません。制裁を加えたいのですが、何か方法はあるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

お手数をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

これが人事部マネージャーの発言でしょうか。労働環境や労働者の適正配置に責任を担う職責の人のセリフとは思えません。パワハラを改善させるどころかパワハラを助長しています。

既に退職のご決意との事ですので、もう遠慮はいりません。

上司、同僚のパワハラと、改善してくれなかった会社のせいで退職に追い込まれてしまったわけですから、労働基準監督署へ申告して会社に対して指導・勧告してもらいましょう。

マネージャーや同僚にとってトラブルを引き起こしたわけですから、会社内での評価等にダメージを与えることができます。

前回の回答の中でお話しさせていただきましたように、マネージャーに話した内容(今回のご相談の内容)を詳細にメモにして、労基署へ持参して「パワハラを受け、会社の改善もなされなかったので、申告します」と伝えてください。

労働者からの申告により、労基署は会社へ立ち入りをして、必要と判断すると会社へ指導・勧告を行います。

さらに労基署では、「あっせん」の申し出を行ってください。

あっせんとは、あっせん委員が会社とご相談者様の間に入って、和解を進めてくれるものです。労働者有利に進めてくれる傾向があり、費用もかからないので使い勝手のよい制度です。

和解では既にご相談者様が退職を決めていることもあるので、金銭的解決を促すような和解案が出されると思います。特に専門家に頼まなくてもご自身で対応できる制度ですので、労基署で詳細を相談されたうえで、申し出を行ってください。

ご参考までに東京労働局のあっせん制度のホームページのリンクを添付いたします。

http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/kobetsu_roudou_funsou/_84171/roudou-soudan/3.html

ただしあっせん制度には弱点もあり、会社側があっせんの場に出てくることを拒否する可能性が考えられます。出頭を強制できないのがあっせん制度の弱点です。会社があっせんを拒否してきたら、

労働審判を裁判所に申し出ましょう。「裁判所」「審判」と言ってもそんなに難しくはありません。裁判所が両者を呼んで状況を聴き取りして、調停をしてくれる制度です。審理も原則3回以内で調停や審判決定がなされますので、裁判のような長期戦にもなりませんし、弁護士の先生を頼んで多額のお金がかかる、というものでもありません。

労働審判はあっせんと違って出頭が強制されますから、会社側も拒否できません。

ご参考までに裁判所ホームページの労働審判のリンクを以下に添付いたします。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html

マネージャーや同僚に直接的な制裁を加えるとなると、裁判で精神的苦痛を受けた損害賠償を請求する方法となります。

損害賠償は裁判でなくとも、内容証明郵便で損害賠償を請求する内容を送りつけることだけでも可能です。それで相手が応じなかったら裁判で民事として争う事となります。ここまでくるとさすがに弁護士の先生に依頼をしないと対応できなくなります。

戦う手段はたくさんあります。ご相談者様は被害者です。

どのような方法を選択されるかは、ご相談者様のご決断となります。

ご参考になりましたら幸いです。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問