JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

本日付で退職となったのですが、届いた離職票の退職理由が一身上の都合によりとなっています。 一年前に移動となり(

解決済みの質問:

本日付で退職となったのですが、届いた離職票の退職理由が一身上の都合によりとなっています。

一年前に移動となり(自分のいた部門が営業所引き上げとなり在籍営業部になくなり、9時-6時半の勤務だったのが)、シフト制の店舗勤務のなりました。 3シフトあり、9時半から7時、11時から8時、12時半から9時半というもの。育児勤務での時短勤務だったので、シフトとしては、9時半から7時のシフトに9時半から6時までのシフトで会社も対応してくれていました。 子どもの時短勤務ができるのが3年生の終わりまで、この4月から時短の適用が
はずれることになり、シフト業務は実生 活では不可能で退職となりました。
会社には、状況も話し移動のお願いもしていたのですが、対応されず、会社の都合に合わせられないという理由を
退職願いに書き、退職となりました。 

これを一身上の都合として記載されてきました。  自分としては、退職は言い出したものの、やめざるを得ない状況だったのです。  会社の都合におされたところも多分にあります。

離職票は今日届き、明日には発送しなければなりません。
離職票の理由には同意できないのですが、4の労働者の判断によるものの中の、20年間、通常時間帯での勤務だったのが、シフト時間帯による部門への移動が最大の理由なので、①か④に記載すべきかと思っています。 離職票にはどう記載すべきでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

当初の労働条件で、シフト制店舗への配置転換があり得る、というものであれば①には該当しなくなります。裏を返せば、当初の労働条件でシフト制店舗への異動がある、との内容がなければ離職票は①になります。

もしくは⑥のその他に丸をつけて理由として「当初労働条件にない就業期間への転換により勤続不能となったため」と記入するのがよろしいかと存じます。

ご相談者様は「労働契約の締結に際し明示された労働条件が事実と著しく相違したこと」(厚生労働省が定める理由)に該当する特定受給資格者に当てはまると思われます。

離職票には上記のように記入して、ハローワークに対して特定受給資格者であることを相談してください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。 

離職票の理由が事業主と一致しない場合トラブルになると聞きますが、離職票への記載をすることで会社側が指導を受け損害をこうむることはありますか?

私自身にも何か降りかかってくる可能性があるでしょうか?

 

教えていただいた内容で記載するのが、私としても特定受給になってもならなくても

納得がいきます。

それで提出しますが、その後の対応で会社がどう影響がでるのかわかれば教えてください。

 

よろしくお願いいたします。

専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご返信、ありがとうございます。

先の回答のような記入で、ご相談者様に法的な問題が降りかかってくることはございません。その点はご安心頂けたらと存じます。

問題は会社の対応です。

会社としてはさも自分が労働者をクビにした、ように受け取られるのを嫌いますので、返信した後にご相談者様に「自己都合退職でしょ?書き直して!」と言ってくる可能性はあります。

ただし離職票の4.労働者の判断によるもの は、労働者の判断を記入する箇所ですから書き直しに応じる義務は当然ありません。

そしてご相談者様の主張する「会社都合退職」と会社が主張する「自己都合退職」でハローワークがどのような判断をするか、が最終決定になります。

会社の出方が読めませんので推測でしかありませんが、会社と口論になる可能性はあります。

ご相談者様の記入で会社側が指導を受けたり損害をこうむる事があるかという点ですが、損害をこうむる事はありませんが、主張がぶつかり合ってハローワークがご相談者様の主張を「是」とした場合には、会社に対してハローワークから「今後の雇用管理はしっかりやってください」程度の注意はあるかもしれません。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問