JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

うつ病(症状は軽めです)になり、6/1から3ケ月の休業予定になりました。 但し、転職が決まっていたので、5/27~

解決済みの質問:

うつ病(症状は軽めです)になり、6/1から3ケ月の休業予定になりました。
但し、転職 が決まっていたので、5/27~6/25(4週間)海外留学を申し込んであります。
5/27~6/25の間で日本にいないといけないのでしょうか?

①会社からは月に1回の電話連絡でいいとのことです。
・休業前に診療内科へ事前に書いていただく書類はないと聞いていますが本当でしょうか?
(診療内科はあるよううなことを言っていました)

②診療内科は月に1回の診察で問題ないでしょか?
・診断書をいただく時に2週間に1回診察に来てほしいと言われてような気がします。

③休職中に旅行等に行ったことが分かったら、傷病手当は出ないのでしょうか?
また、法律等に触れますでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
お加減はいかがですか。

傷病休職期間中、日本に在住しなければならないとの法律上の規制はありません。また、傷病休職は、傷病からの回復のための制度ですから、質問者様のように精神疾患に罹患されている場合、海外留学も回復のために有益といえるのではないでしょうか。もっとも、会社の就業規則上の規制がある可能性がありますので、就業規則において「日本にいなければならない」などと規定されていないか確認してください。

以下、①から③のご質問に順次ご回答いたします。
①傷病休職制度は会社ごとに異なります。診断書等の書面の提出を求める会社も多いですが、質問者様の会社の担当者が不要とおっしゃっているのであれば、提出不要と考えてよろしいのではないでしょうか。

②心療内科への診察頻度については、法律上の規定はありません。主治医の先生に従うのがよろしいかと思います。

③社会保険上の傷病手当金(給与の一定割合が支給されるもの)の支給にあたって、旅行に行ってはならないなどの条件はありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
6/1から休業状態になった場合
6/30で退職したい場合は、退職届の日付を6/30にし、
6/10頃に退職届を出すとすると、6/30迄会社に在職していることになり
6月の給料は傷病手当金でいただけるのでしょうか?
それとも、有給が残っていればそちらを消化することになるのでしょうか?

[備考]
会社の規定では退職の2週間前迄には退職届を提出する必要があります。
6/29にボーナスが支給されるので、それをいただいて退職したいと思います。

困難な場合は6/29に退職届を提出しようと思いますが
次の転職先には7/2から出社すると言ってあるので、あまり変更したくないこともありま。
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
退職届を作成される場合、作成日は実際に作成する日を記載しましょう。そして、退職届の中で、退職日(6月30日)を明記しましょう。
例)「平成24年6月30日をもちまして退職いたします」

6月の給与についてですが、有給休暇が残っているのであれば、有給休暇を消化された方が有利な場合が多いです。有給休暇であれば、給与全額が支給されますが、社会保険上の傷病手当金は給与の一定割合しかもらえませんし、会社も傷病休職中の給与は支払わないのが通常だからです。

ボーナスの支給についてですが、退職届が提出されていても、退職届に記載の退職日(6月30日)までは、会社の従業員であることには変わりありません。したがって、退職届を6月10日に提出していても、6月30日に退職するのであれば、6月29日のボーナスを受け取る権利は失いません。
jo-banをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問