JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

会社を退職する際に必ず秘密保持契約書をださなければいけないのでしょうか? 内容があまりにもひどいないようのためサイ

解決済みの質問:

会社を退職する際に必ず秘密保持契約書をださなければいけないのでしょうか?
内容があまりにもひどいないようのためサインをしたくありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

秘密保持契約書は多くの会社で、退職時に提出を求めているようです。

ただし、ご相談者様がサインしたくないようであれば、サインしなければならない義務はありません。これにサインしないことが、退職を妨げることはできませんし、退職の自由が制限されることはありません。

ただご注意いただきたいのは、サインしなくても秘密保持義務は当然に負っているという事です。提示された契約書はどのようにひどい内容なのでしょうか?

「損害賠償をする」というような文言があったとしても、ご相談者様が何もしなければ損害賠償を請求されることはありませんし、裏を返せば、サインしなくても秘密保持を漏えいしてしまえば損害賠償を請求されます。

つまりはサインしてもしなくても状況は変わらない、という事です。では何故会社がこのような契約書の提出を求めるかというと、サインさせることで「秘密保持漏えいをしたら損害賠償される」という意識を持たせるための抑止力としての効果を期待しているにすぎません。

ご相談者様がサインを拒否されるのは自由ですし、サインは義務ではありません。提出せずに退職されても何ら問題は生じませんので、ご安心ください。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問