JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

セクハラされました。会社に報告し、事実関係を調べてもらっている最中、それを察知し、上司は自主退職しました。(逃げたん

解決済みの質問:

セクハラされました。会社に報告し、事実関係を調べてもらっている最中、それを察知し、上司は自主退職しました。(逃げたんでしょう)由ってそれ以降 話は立ち消えとなりました。
職場に復帰しましたが、私一人宙に浮いた感じで、このままではどうしても納得がいかないのですが、その元上司に謝罪なり、慰謝料の請求はできますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

元上司の心無い言動と、現在の職場環境、お心痛お察し申し上げます。

元上司への謝罪要求や慰謝料請求は可能です。退職したからといってその責任を免れるものではありません。

あわせて、現在は一人宙に浮いてしまっている感じとのことですが、無視や嫌がらせは行われておりますでしょうか?

無視や嫌がらせもパワハラですので、会社の担当部署へ通報して改善を求めるべきです。そのうえで改善がなされなかったならば、会社にも責任を問う事ができます。会社には職場環境配慮義務というものがあり、労働者の労働環境を快適に保つ責任があります。

要求として具体的には、

(元)上司に対しては、

精神的苦痛を与えられたことによる慰謝料請求

 

会社に対しては、

労働契約法第5条の「安全配慮義務」違反

民法第415条の「債務不履行責任」

民法第709条の「不法行為による損害賠償」

民法第715条の「使用者責任」

民法第719条の「共同不法行為者の責任」

に基づく損害賠償請求となります。

元上司への謝罪要求、慰謝料請求はまず内容証明で請求する形が望ましいです。

それで元上司が応じないようであれば、民事として裁判の場で慰謝料請求をすることとなります。内容証明はご自分で作成するのも可能ですが、内容がヒートアップしてしまうと逆に脅迫ととられかねませんので、行政書士や弁護士の先生に依頼した方が安全です。

現状の職場環境がご相談者様にとって居心地が悪い、無視されているように感じる、ようであればまず会社の担当部署へ改善を依頼してください。それで会社が改善してくれなかった時に、先述のような各責任が会社に発生します。

担当部署への連絡は念のため、「日時」「相手の部署・名前」「相談内容」「相手からの回答内容」をメモや日記に残された方がよろしいでしょう。後々証拠として使用することがあるかもしれません。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問