JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業銀行勤務、大手建機メーカー経理部勤務を経て、社会保険労務士事務所を開業。
66125890
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

人事を担当しているものです。 当社では、現在正規雇用社員の遅刻に対し、ペナルティとして3回の遅刻に対し、有給休暇を一

解決済みの質問:

人事を担当しているものです。  当社では、現在正規雇用社員の遅刻に対し、ペナルティとして3回の遅刻に対し、有給休暇を一日減らすという制度があります。小さい会社なのでこのペナルティに該当する社員は、ほぼ一人で 毎年の遅刻回数が多い社員です。通常の会社員では、考えられない勤務態度であっても、勤務年数が長く、経営者が擁護している様にしか見えません。有給休暇を完全に使うことのない会社構造の中で、有給休暇を賞罰の対象にすること自体は、正当な方法なのでしょうか。また、他の社員に関しては、有給の取得回数が査定の対象になったりします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

 

人事担当者としてのご苦悩、お察し申し上げます。

 

ご相談内容から問題点をいくつか取り上げます(既にご存じの内容がおありかと存じますが、その点はご容赦ください)

①有給休暇を賞罰の対象にしている

有給休暇は会社が与えるものではなく、勤続年数に応じて法律で当然に労働者へ付与されるものです。これをカットするペナルティはやはり問題です。

②有給休暇の取得回数が査定の対象になっている

労働基準法附則136条にて

使用者は、第39条第1項から第4項(有給休暇の規定)までの規定による有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない。

 

と定められております。

③救急休暇を完全に使うことのない会社構造

どのようなニュアンスなのかわかりませんが、有給休暇を請求しづらい職場となると、会社の職場環境配慮義務に抵触する可能性もあります。

 

ペナルティの内容は就業規則にうたわれているのでしょうか?うたわれているとしても(労基署が受理しているとしても)、法令に違反する部分は無効となりますので、やはりこの制度は廃止するべきです。

遅刻は遅刻でご相談者様が言われているように、分給や時給に換算して控除するのが正式な取扱いです。

細かいことを言っていると確かにきりはないのですが、ご相談者様の考え方が正しく、そのように対応する職場にしておかないと、いつ労働者が労基署へ駆け込むかわかりません。法令順守(コンプライアンス)の点からも、ぜひご相談者様のお考えを提案すべき、と申し上げます。

sr_hossyをはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問