JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

一方的な減給の通告で悩んでいます。 入社のときは、27万、といことでしたが、このたび職場異動で、異動してまもなく1

解決済みの質問:

一方的な減給の通告で悩んでいます。
入社のときは、27万、といことでしたが、このたび職場異動で、異動してま もなく1万5千円の減給を突然通告され、意義を申し立てたところ、今月はとりあえず、元のままとするが、今後のことは検討との答えでした。今後たぶん減給という条件を出される気配です。
職責が、「責任者」の任を解かれたからという理由だそうです。なんの問題もなく、務めて参りました。なんとも腑に落ちないことで、困惑しています。なにか法的な後ろ盾はないものでしょうか。おうかがいしたい、ると思い質問させていただきました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です

それでは回答させていただきます。

 

 

貴方のケースは労働条件の不利益変更に該当すると考えられます。

労働契約法第8条により「労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる」とされています。

 

また、過去の判例では、「個別の合意には、それが労働者の自由な意志に基づいてされたものであると認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在するときに限り有効である」とされています。

突然に、しかも強制的に変更など許されません。

 

つまり、貴方が同意しなければ会社は労働条件を変更(減給)することはできません。

 

職責が、「責任者」の任を解かれたからという理由も減給するための言い訳に過ぎず、権利濫用に該当するでしょう。

 

 

このようなことを引き合いに出し、労働条件の不利益変更を拒否をすればよいのですが、現実問題として労使関係においては圧倒的に力の差があります。労働者個人で交渉を進めるのは難しいものがありますので、そのような際には労働基準監督署内にある、総合労働相談コーナーで相談ができます。

相談内容によっては会社に対し、都道府県労働局長による助言・指導が行われます。

 

 

remember2012をはじめその他名の雇用・労働カテゴリの専門家が質問受付中

雇用・労働 についての関連する質問