JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 雇用・労働
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士
64449363
ここに 雇用・労働 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

4年半前、過労が原因と思われる精神疾患(うつ、社会不安障害)になり、3年後、治癒することなく会社都合(希望退職)にて

質問者の質問

4年半前、過労が原因と思われる精神疾患(うつ、社会不安障害)になり、3年後、治癒することなく会社都合(希望退職)にて退職し現在も疾患を抱え、療養中です。
この度、会社に労災申請を依頼したところ、労働時間からみて労災と判断できない為、申請はできないと回答されました。管理職でしたが、さしたる権限も無く、なん ちゃって管理職であり、当然残業代はでていませんでした。労働時間は打刻という自身が出退を報告する形です。概ね平均月60~70時間であったと思いますが、実際の会社への出入り時間はPCの立ち上げや、あまり労働時間が長くなると注意される為、打刻時間より早く遅くになりがちで月10時間以上の誤差はあったと思います。部下の残業を決められた時間に抑制する為、唯一の管理職であった私に残務が集中し、帰ることができなかったのです。会社は打刻時間のみで精神疾患と労働の因果関係を否定しました。やりきれなく思い、相談致しました。宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 雇用・労働
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご質問ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

それでは回答させていただきます。

 

 

まず、労災申請できるかどうかは会社が決めることではありません。

通常は労災申請は会社が代わりにやってくれますが、今回のようなケースでは労災が認定されれば会社の安全配慮義務(労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をする義務)や、職場環境配慮義務(良好な職場環境を提供する義務)などが問われる問題となりますので、会社は積極的に動いてくれないのが実態です。

よって、貴方がご自身で勤めていた事業場の所在地を管轄する労働基準監督署に行う必要があります。

(本来、労災申請は労働者自身で行うものです)

 

 

労災認定には客観的証拠が必要となります。

特に労働時間に関するものは必須となり、タイムカード、出勤簿等がこれにあたります。

先に述べさせていただいたように会社がすんなりとこのような書類を提示してくれるとは思えませんので、貴方の元同僚、元上司など協力してくれる方がいると心強いでしょう。

また、貴方が手帳やメモなどに出退社時刻などをメモしていたのであればそのようなものも有効となります

労災申請は労働基準監督署で申請書を記入して提出すれば、労働基準監督署が調査するので、それに協力していけばよいのですが、貴方の方も専門家(社労士、弁護士)などの力を借りて、上記のような書類の提出を積極的に行うことで労災認定されやすくなります。

 

 

労災認定がされれば、会社の安全配慮義務違反、職場環境配慮義務違反などをもとに損害賠償請求もしやすくなります。

ご自身では実際の労働時間を証明できない、または損害賠償請求もお考えであれば直接弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

 

 

ご参考までに厚生労働省が発表している「心理的負荷による精神障害の認定基準」は下記のURLにございます。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/rousaihoken04/dl/120118a.pdf

 

また、弁護士が必要であり、身近に相談できる弁護士がいないのであれば、以下の法テラスなどからご相談することが可能です。

http://www.houterasu.or.jp/

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
不満です。
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

どのようなところが不満でしょうか?

 

専門家として、ご提示された金額、ご質問内容から判断できる範囲で回答させていただいたつもりですが、ご不明な点や、説明不足な点があればご指摘いただけますでしょうか。

 

回答可能なものであれば再度回答させていただきます。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

雇用・労働 についての関連する質問